ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

「自宅用ワインセラーの選び方」4つのポイント

1. 大きさ

数本だけの小型サイズから大きな冷蔵庫のようなワインセラーまで、ワイン人気に合わせてたくさんの種類が発売されています。 目安としては、ひとり暮らしなら10本未満が入る位の大きさが場所を取らずちょうどいいですね。家族数人でワインをたしなむなら20本未満サイズを。お友達を集めてパーティーをするなら、20本以上サイズのワインセラーがおすすめです。

2. 加温機能

赤ワインと白ワインを保存する時、実はそれぞれ適温が違うことはご存知ですか?一般的に赤ワインの場合は14から16度、白ワイン場合はそれより低めの9から10.5度といわれています。 長期保存する場合は、冬でも温度が下がりすぎないように維持することがポイント。冷却だけではなく、温度を維持する加温ヒーター機能付きも販売されています。

3. 加湿機能

コルクを乾燥させると縮んでしまい、空気が入ることでワインの酸化を促してしまいます。大切な日のために保管していた高級なワインをいざあけてみた時、変に酸っぱかったりすると悲しいですよね。 日本は基本的には多湿ですが、長期保存を考えるのなら加湿機能のあるワインセラーを選びましょう。

4. 振動

冷蔵庫での保管が長期保存に適さない理由として、振動がそのひとつです。ワインはとてもデリケートなお酒。頻繁な開け閉めや、モーター振動が強い場所で保管をすると、過度の酸化を招くといわれています。 また熟成されたワインには沈殿物があり、振動で混ざると舌触りが悪くなることも。保管中に舞い上がらせないためにも、静かなワインセラーで保管しましょう。

ひとり暮らしサイズ!10本以下の小型ワインセラー4選

1. 温度調節可能なお手軽ワインセラー「ハイアール ワインセラー ホワイト」

ITEM

ハイアール ワインセラー ホワイト Haier Joy Series raccolta JL-FP1C12A-W

¥6,980

サイズ:幅16.8cm×奥行き51.5cm×高さ45.4cm、収納本数:4本

※2018年4月8日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
8度から18度まで、1度単位で温度設定ができるワインセラーです。加湿機能はありませんが、デイリーワインの保管場所としてはちょうどいいですね。ワインを横に倒した状態で、4本まで保管することができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS