「十得鍋」とは?使うメリットやおすすめ3選も

「十得鍋」という鍋を知っていますか?宮崎製作所というメーカーから販売されている、ステンレス製品で有名な新潟県・燕市産のお鍋なんです。「使って十の得がある」というところから、その名が付きました。今回は十得鍋の魅力をとことんお伝えします!

2018年3月30日 更新

十得鍋の主な「得」とは?

シンプルで実用的

十得鍋とは取っ手のない形に、着脱タイプの取っ手を取り付けて使用する鍋のこと。使い勝手が最高と、料理好きにはたまらない商品なんです。

十得鍋が持つメリットのうち、最大の魅力とも言えるのがそのシンプルさ。部品を接合していないので凹凸がなく、汚れがたまりにくいため衛生的なんです。丈夫なステンレス製なのでお手入れも簡単で、衝撃にも強いんですよ♪

火にかけている間は取っ手を外しておけば、取っ手の焦げも防ぐことができます。鍋口には持ち手にもなる部分が付いているので、取っ手を取りつけずともミトンを使えば持ち上げることができたりと、細部までこだわって設計されているんですよ。

コンパクトに収納できる

鍋の最難関とも言える収納。ひとつひとつ置くスペースはないけど、重ねて置くと不安定で収納スペースがゴチャゴチャに……。十得鍋はそんな収納問題も楽々クリアしてくれます。

14cmから2cm刻みで、最大22cmまでの鍋をマトリョーシカのように入れて収納ができるんです。これも取っ手を取り外すことができるからこその利点ですよね♪

鍋は重ねることができるだけでなく、入れ子にした際には鍋底同士が接しないように計算されているので傷が付きにくいのもうれしいですね。傷みを最小限に抑えることで、長く使用できますよ。

ムラなく熱が伝わる

お料理もおいしく作れなくては、いいお鍋とは言えませんね。十得鍋は熱伝導のよいアルミをステンレスで挟んだアルミ芯3層構造になっています。熱を素早く、ムラなく伝えるのでスピーディーにお料理を進めることができるんですよ♪

また保温性も高く、余熱調理も可能です。煮物などは少し早めに火を切り、余熱でじっくりと火を通すことで具材が柔らかくなるだけでなく、味もしっかりと染み込んでくれるんですよ。

火を切ったあとは、ひとまわり大きな鍋に具材の入った鍋を入れて二重にすることで鍋に厚みが生まれ、より保温性が高まります。省エネにもなり、放置できることでキッチンに立つ時間も短縮でき効率アップですね♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう