ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

子供用ダイニングチェアは必要?

朝ごはんや夜ごはん、そしてテレビを見ながらちょっとくつろいだり。1日の中でも家族とダイニングやリビングで過ごす時間は多いですよね。そして最近では、ダイニングでお勉強をさせるご家庭も増えてきました。 しかし、そこで問題発生!子供用としての椅子はちゃんと用意していますか?ダイニングテーブルは大人サイズで設計されているため、子供にとっては高すぎる机。そして足が床から浮いてしまった状態の椅子では、じっとしていたり集中力を保つことが難しいんです。子供が落ち着いてお食事やお勉強ができるように、最適な種類と高さを選んでみましょう。

高さ調節ができるベビーチェア

対象年齢

赤ちゃんは生まれてから約3ヵ月くらいまでは首が安定しないため、しっかりとひとりでお座りができる頃、生後7ヶ月以降を目安に使用していきましょう。選ぶポイントは、赤ちゃんが落ちないようにベルトや囲みがあるタイプをチョイス。

ベビーチェアのメリット

ダイニングテーブルに合わせて高さ調節ができる、ハイチェアと呼ばれるタイプのベビーチェアも発売されています。既存のテーブルを使うことができるので、スペースの節約ができますね。その他に大人と同じ高さで食事をすることで子供にとって安心感があり、自分で食べようとする力を育むことが出来ることも◎ 安価なチェアであれば5,000円前後から手に入り、機能面を充実させたトレイ付き、座り心地のクッション性、素材などにより価格が変動していきます。最近では赤ちゃんから大人になるまで使用できるタイプも増えてきたので要チェック!

キッズチェア

対象年齢

ベルトが無くても椅子から落ちずに、ひとりで椅子に上り下りが出来る年齢になったなら、次はキッズチェアを使いましょう。子供それぞれの成長具合にもよりますが、3才以降を目安に様子をみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS