ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

チョコレートフォンデュを自宅で!

とろっと溶けたあたたかいチョコレートを、フルーツやマシュマロに絡めて食べるチョコレートフォンデュ♪ 最近では、自宅で気軽に楽しめる、家庭用のチョコフォンデュセットが人気です。家族でも、大人数でも楽しめるので特別な日にぴったりです。

どんな機械を選べばいいの?

直火式

キャンドルや固形燃料などで火をつけて楽しむ直火式のものは、お手頃なものが多く、見た目がかわいいものもたくさん。容量の少ない小ぶりなものが多く、ひとり用サイズも豊富です。 セットの鍋のままコンロで準備できるので大変便利ですし、燃料さえあればどこでも使うことができます。火の調節ができないので、焦げ付かないように途中で火を消したりと、注意が必要!小さなお子さんのいる場面でも注意が必要です。

電気式

ホットプレートのようにつまみを調整するだけの電気式は、火を使わないので安心安全です。ファミリーで使える大きさのものが多く、スイッチを入れるだけで使えるので手軽!途中で燃料が切れてしまう心配もありません。 電源が必要なので、屋外での使用はむずかしく、家の中でも配線が必要になります。もちろん電池式のものもありますよ。熱の周りが遅いものもあり、チョコレートが溶けにくいということもあるので注意しましょう。

チョコレートファウンテン型

ビュッフェ形式のレストランでよく見かける噴水のようにあふれ出すチョコレート♪ 家庭用にも出ているんですよ。コンパクトなタイプもありますが、大人数で楽しむことができるのがこのタイプの魅力! 高さのある機械を選べば迫力もあり、パーティーの雰囲気アップにも大助かりですよ。コンセントタイプと電池式があり選べますので、屋外でも楽しむことはできますが、大きいものはコンセントタイプになります。

おすすめのチョコフォンデュメーカー5選

1. チョコでも◎「パール金属 ベーネ 3層底チーズフォンデュ鍋セット」

ITEM

パール金属 ベーネ 3層底チーズフォンデュ鍋セット(内面ふっ素加工) HB-3418

パール金属のチーズフォンデュセットです。チョコレートにも使うことができます。鍋は熱伝導のいいアルミニウムをステンレス鋼ではさんだ厚底の3層構造で、焦げ付きにくく、保温力に優れています。

¥4,554〜 ※2018年03月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

後片付けが断然楽なのがこちら。鍋の内面がフッ素加工されているので、普通の鍋やフライパンと同じ感覚で使うことができます。焦げつきやすい直火式だからこそ、快適に使え、お手入れしやすいフッ素加工のひと品です。
【仕様】 ■サイズ:30×24×18.5cm ■容量:1.2L ■重量:940g ■加熱方法:直火式 ■材質:鍋本体/ステンレス鋼(内面 ふっ素樹脂塗膜加工) ■カラー:メタル ■備考:中国製 ■価格:4,450円~

2. かんたん操作「パール金属 リトルリッチ 電気チョコレートフォンデュ」

ITEM

パール金属 リトルリッチ 電気 チョコレートフォンデュ フォーク4本付 レッド D-311

パール金属の電気式チョコレートフォンデュセットです。保温と加熱だけのかんたん操作です。みんなで楽しめるフォンデュフォーク4本付きです。電源コードの長さは約1.5mあります。

¥2,160 ※2018年03月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

電気式でかんたん操作なこちらは、チョコレートフォンデュ用。火力が弱めで焦げやすいチヨコレートも焦げにくく、おすすめですよ。ミニ鍋はフッ素加工がされていてこびりつきにくく、取り外して洗えるのでお手入れかんたんです。
【仕様】 ■サイズ:約14.5×14×13cm ■容量:約350ml ■重量:370g ■加熱方法:電気式 ■材質:本体/ABS樹脂(耐熱温度70度)、ミニ鍋/アルミニウム(ふっ素樹脂塗膜加工) ■カラー:レッド ■備考:中国製 ■価格:2,160円~
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS