やっちゃった…!コーヒーの染み抜き方法を徹底解説!

白いシャツにコーヒーをこぼして、落ち込んだことはありませんか?こぼしてしまってすぐならもちろん、時間のたってしまったコーヒーのシミも大丈夫。今回は、直後の応急処置や時間がたって落ちにくくなったシミの落とし方をご紹介します。

2018年4月1日 更新

応急処置の方法

乾いた布やティッシュなどで、コーヒーのシミがついてしまった部分を、水分をつまみ取るように拭き取ります。こすったり、布を強く押しつけたりしないように注意してくださいね。次に、生地の裏側にフキンやタオルなどの布を当てて、水で濡らした布で軽くポンポンと叩きます。裏に当てる布は汚れが移ってもいいものにしましょう。

コーヒーのシミは、時間が経つにつれ落とすのが難しくなりますので、なるべく早く応急処置をしておけば、後のシミ抜きがしやすくなりますよ。

シミには種類がある?

シミには水と洗剤で落ちやすい水溶性と、ベンジンやアルコールなどの有機溶剤で落ちやすい油溶性のものと2種類あります。飲み物などの汚れは、主に水溶性です。他にも血液や汗も同様です。マヨネーズやケチャップ、ソース、機械油などの汚れは油溶性のシミになりますので、落とすのが難しくなります。

コーヒーのシミの落とし方【カーペット編】

カーペットにコーヒーをこぼしてしまった場合も、応急処置と同じく、まずは乾いたティッシュやキッチンペーパー、タオルなどでコーヒーおよびコーヒー汚れをつまむように吸い取ります

次に、食器用中性洗剤を水で薄めたものを布に少量つけて、シミがついた部分に当て、軽くポンポンと叩きます。これを何度も繰り返し、汚れが移らないようになったら、水で濡らした布で、シミがついた部分を叩いて洗剤をふき取ります。最後に乾いた布で水分を吸い取ります。

カーペットの中には洗濯機で洗濯可能なものもありますので、確認するようにしましょう。

注意点

衣類と同じで、出来るだけ早く対応することが必要です。汚れが奥に入り込んでしまうので決して強くこすらないようにしましょう。食器用洗剤はアルカリ性でないことを必ず確認しましょう。

シミを取り終わった後、洗剤をふき取るのが不十分だと、洗剤のシミが残ってしまったり、他の汚れを集めてしまったりするので、必ずしっかりとふき取るようにします。カーペットを触って、ベタベタ感がなくなり毛並みがかたまらずバラバラになるようなら洗剤はしっかり取れています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう