ライター : megyu

食生活アドバイザー

海外の料理に興味があり、おしゃれでおいしいレシピを探すのが大好き。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。

鉄のフライパンの特徴

高温に強く時短料理もできる

鉄のフライパンの特徴は、耐久性が高く、丈夫で焦げにも強いという点です。強い火力にも耐えられるため、、強火での調理が多い中華料理などでよく使われます。鉄のフライパンの特徴を活かして、シャキシャキの炒め物や、焼き目をつける料理を作ることも可能です。 鉄のフライパンは熱伝導性にも優れており、火の通りもはやいため、短い時間で調理ができるという魅力もあります。

使えば使うほど味がでる

鉄のフライパンは、使い始めは焦げつきやすく、慣れるまでは大変な面もありますが、使っているうちに調理がしやすくなるという特徴があります。理由は油の被膜が鉄板の表面になじみ、食材がこびりつきにくくなるためです。 さらに表面にコーティング加工がされていないので、長い期間の使用が可能。そのため、使えば使うほど焦げ付きにくい、使い勝手のいいフライパンになります。

お手入れ方法の特徴

鉄のフライパンは丈夫で変形しにくいというメリットがあります。傷にも強いのでタワシでごしごし洗ってもOK!しかし、なじんだ油を落とさないために洗剤は使わずに洗いましょう。焦げがひどいときには、水を入れて火にかけ、煮立たせてからたわしで洗うときれいになります。 鉄は錆びてしまうこともあるので、使ったらすぐに洗い、水気をしっかりとふき取ることも大切です。

鉄のフライパンの選び方

どんな料理を作るのか

鉄のフライパンを購入するときには、どんな料理に使えるかを考えるのも大切です。鉄のフライパンにもさまざまな形があり、ステーキや魚のソテーなどの焼き物の場合には浅型のフライパンでOKですが、揚げ物やチャーハンなどは深型のタイプが適しています。 さらにコンロ以外でもオーブンや魚グリルで使用できるタイプもあるので、どんな調理法があるかを考慮して選ぶのがおすすめです。

重さやサイズはちょうどいいか

購入する際に必要なポイントとして、重さとサイズも欠かせません。サイズを選ぶ際には、いつも料理する量に合わせて購入するのが最適です。 さらに鉄のフライパンはほかの素材のフライパンに比べて重さがあります。購入する際には重さのチェックも忘れずにしましょう。フライパンは片手で持って調理することが多いので、実際に持ってみて自分に合った重さのものを選ぶのがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS