ハムとソーセージの違いって?贈り物にぴったりなギフト8選も

普段の食卓やお弁当にも重宝するハムとソーセージ。なにげなく食べていますが、ハムやソーセージ、ウィンナーの違いを知っていますか?今回は今さら聞けない加工肉の違いや噂されるガンのリスクについてお伝えします。毎日の食事に活用しましょう!

2018年3月26日 更新

ハムとソーセージのおいしい秘密

ハムとソーセージの違い

いつもなにげなく食べている、ハムやソーセージ。皆さんはこのふたつの食材の違いについてちゃんと知れていますか?

ハムは、もともとヨーロッパで豚のもも肉を塊のまま加工して作られていました。日本ではもも肉に限らず部位はさまざまでも大きなかたまり肉を加工したものをハムと呼びます。

一方、ソーセージはひき肉に塩や香辛料を加えて混ぜ合わせたものを腸に詰め、燻製にしたりボイルしたもののことです。ジューシーで食べ応えのある味わいが特徴。

加工肉はからだに悪い?

2015年に「加工肉を毎日50g食べ続けるとガンのリスクが増す」というニュースが話題になったことを覚えていますか?加工肉とは今回のテーマでもあるハムやソーセージ、ベーコンなどのことです。加工肉は大腸がんや胃がんに影響するとされ、たばこやアルコール、アスベストと同じような健康被害を及ぼす可能性があると報じられていました。

しかし加工肉の死亡リスクはたばこやアルコールまでの数値には至りません。逆にお肉に含まれる栄養成分も、ある程度摂取しないと健康にはなれないですよね。もちろん食べ過ぎてしまっては意味がありません。バランスよく食べることが健康に繋がっていきます♪

ハムの特徴と種類

1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう