クレープ屋さんも欲しがるバナナカッター3選!使い方と特徴も

皆さんのお宅ではバナナカッターを使用していますか。自宅でお菓子作りをしている方や、小さなお子さんがいる家庭では使っている人が多いかもしれませんね。便利なバナナカッターの特徴と使い方、おすすめの人気商品3選をご紹介します。

2018年3月22日 更新

あると便利!バナナカッターを使ってみよう

バナナカッターとはどんなもの?

バナナカッターとはバナナスライサーとも呼ばれ、その名のとおりバナナを切るための道具です。プラスチック製の簡単な構造のバナナ型と、トングの先端に金属リングがついたハサミ型の2種類のタイプに分けられます。どちらも簡単にバナナをカットすることができるため、忙しい朝食時などにお役立ちの便利アイテムです。

バナナカッターを使うと本当に便利?

バナナカッターを使用すると、バナナを包丁とまな板で切る必要がありませんので、洗い物や後片付けが少なくて済みます。お皿の上でカットしてそのまま食べることができるので、簡単で便利ですね。またバナナ型カッターなら、バナナをまるごといっぺんに切ることができますので、スピーディーに調理できて重宝しますよ♪

種類別!バナナカッターの特徴と使い方

ITEM

【Berghoff Cereal Bowl &バナナカッターセット、マルチ】 b00wqrech2

均一にスライスできる便利なバナナカッター。時間のない朝食時に重宝されるアイテムです。

¥18,325 ※2018年03月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

シンプルで安全な「バナナ型」

バナナ型はなかにプラ製仕切りがたくさんあり、バナナの上から押しつけることで簡単にカットできます。仕切りの形状もメーカーによって異なり、まっすぐなタイプや波型のもの、ランダムな形のものがありますので、お好みの形状を選ぶといいですね。 金属の刃を使っていませんので、お子さんのいる家庭でも安心して使用できますし、プラスチック製の簡易な構造から比較的安価で、ものによっては100均のお店で購入することができますよ。

均等に少量を切るならハサミ型

ハサミ型バナナカッターの本体はプラスチック製で、ふたまたに分かれたトングのような形をしています。先端にステンレスリングがついていて、そこへ皮をむいたバナナを通してグリップを握るだけで、均等な厚さにカットしてくれる優れものです。 一度に5から6枚しか切れませんので、少量使用やバナナを半分残したいときに重宝します。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS