ライター : yukiuki

結婚を機に料理に目覚め、主人と三人の子供のご飯を作る日々です。美容関係の職についていたこともあり、健康と美容を意識した情報を発信したいと思っています。

初心者必見!家庭用包丁の選び方

初心者さんにおすすめの包丁の種類は?

包丁には、三徳包丁・牛刀・ぺティナイフ・小出刃包丁などいろいろな種類があります。 特に、初心者さんはどれを買っていいか迷ってしまいますよね。 包丁には、それぞれ用途があり使いやすい包丁があります。 ご自身の普段の生活に合わせたアイテムをチョイスして選んでくださいね。

いろいろな材質があります。

包丁は大きく分けて3種類の素材で出来ており、鋼・ステンレス・セラミックがあります。 それぞれに特徴があり、お値段も様々です。 どの包丁にもメリット・デメリットがあるのでご自身にあった包丁を選ぶのがコツ。 料理は初めて、という方は手入れが楽なセラミックがおすすめです。

料理初心者さんにおすすめのサイズは?

刃先が短いペティナイフから、大き目の牛刀までいろいろなサイズの包丁が販売されていますが、初心者さんにおすすめなのが牛刀です。 刃先が長いので野菜などもしっかりと切れ、簡単なお料理をつくるのに便利な包丁です。 サラダや果物を切るのがメインという方は、ペティナイフも便利ですよ。

これでバッチリ!初心者おすすめの人気ブランド6選

グローバル(Global)

和食を作りやすく、日本のご家庭向けに開発されたグローバルの包丁。オールステンレスで使いやすさと切れ味の良さが特徴です。 グローバル専用のシャープナーも販売されており、お手入れも簡単。一本目の包丁におすすめの人気ブランドです。

ヘンケルス

三徳包丁から、フルーツナイフ、シェフ用の包丁まであらゆる包丁が販売されています。また、ツヴィリング シャープニングセンターでは、熟練の技を持つテクニカルマネージャーが包丁の砥ぎなおしを行ってくれるサービスも行っており、長期間の使用にぴったりです。

貝印

世界中にファンの多いKAIブランドの包丁は、切れ味の持続性と使い心地・デザイン性も兼ね備えております。商品展開も豊富で、プチプラから子供包丁・ホンモノ志向も高級包丁まで様々な包丁が数多く販売されています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS