ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

安い電子レンジでおすすめはどれ?

今や電子レンジはキッチンの必需品!ひと昔前までは、手軽に温めるだけの単機能タイプが主流でしたが、最近はトースター機能やスチーム機能などの多機能タイプがたくさんあります。

多機能タイプは便利ですが、機能が多すぎて使いこなせないこともありますよね。どのような用途で使うのか考えて、自分のライフスタイルにあわせて選ぶことが大切です。また近年は、省エネ性も重視されているので、電力量が気になる方は省エネラベルもチェックポイントになりますよ。

そもそも電子レンジの相場とは

電子レンジの相場は、機能性やサイズなどで大きく分けると3種類。

手軽に温めるだけの単機能タイプは1万円前後で購入することができます。パンをトーストしたり、肉を焼いたりするグリル機能が付いた「オーブンレンジ」は2~3万円くらい。さらに本格的な、オーブン機能やスチーム機能が加わった「スチームオーブンレンジ」は5万円以上するものが多いですよ。

電子レンジの比較方法

容量

電子レンジには庫内に入る容量があり、使う人の環境や用途によって選ぶことができます。20リットル前後のサイズは、ひとり暮らしをしている方向けです。ターンテーブルを採用している機種がメインで、温めるだけの単機能タイプがほとんど。

少し大きめの25リットル前後は、夫婦やカップルなどの2人向けです。売れ筋の商品は、このくらいのサイズが多いとされています。

一番大きい30リットル前後の大型サイズは、ファミリー向けです。1段オーブンと2段対応オーブンに分かれます。2段だと同時焼きもできるので、お料理好きの方やお菓子・パン作りをする方はこのタイプがおすすめですよ。

形状

電子レンジの庫内は、ターンテーブルとフラットテーブルの2種類があります。以前は、フラットテーブルよりもターンテーブルのほうが加熱のムラがないとされていましたが、現在では、フラットテーブルでもほとんど加熱のムラはないように改善されています。

ターンテーブルよりもフラットテーブルのほうが掃除しやすいというメリットがあるので、小さいタイプの電子レンジでも、フラットテーブルのものを選ぶ方が増えていますよ。

オーブン機能の有無

単機能レンジは非常にリーズナブルなので、料理を温めることにしか使わない方はこのタイプで十分です。もしパンを焼いたり、ハンバーグやクッキーなど簡単なオーブン調理をしたいなら、単機能レンジにオーブン機能を追加したタイプを選ぶのがおすすめ。

単機能レンジは1万円前後ですが、オーブン機能付きは2万円前後が相場なので、予算と相談して選んでみてください。

ヘルツの違い

通販で電子レンジを購入する場合や、引っ越し前に近所で電子レンジを買う場合、絶対に注意して欲しいのは、ヘルツの違いです。そもそも日本の電気は富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に東と西ではヘルツが違い、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツとなっています。

1万円以上の電子レンジは、ほぼヘルツフリー仕様で全国で使用できますが、超格安の電子レンジは、ヘルツフリーではありません。電子レンジを購入する場合はその点を確認してくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ