素材で比較!バラエティ豊かな「フィナンシェ型」7選

リッチな味わいとしっとりとした口当たりが特徴的なお菓子、フィナンシェ。それを形作る型は、素材や形によってフィナンシェに大きく影響するんです!今回は、そんなフィナンシェの型をご紹介します。ぜひお好みのフィナンシェが作れる型を探してくださいね。

2018年12月3日 更新

フィナンシェの型の特徴

フィナンシェの型の意味

焼き菓子の中でもリッチな味わいを楽しめるフィナンシェ。実はフィナンシェとはフランス語で「お金持ち」という意味をもつお菓子なんです。リッチなテイストと名前がよくマッチしていますよね。

ところで、どうしてこの名前が付いたか知っていますか?いろいろな説がありますが有力なのは、台形の型で作られたビジュアルが色も形も金の延べ棒に似ているから、という説なのだそう。なんだか金運までアップしそうなお菓子ですね。

マドレーヌ型との違いって?

ところで、フィナンシェによく似たお菓子・マドレーヌとの違いはご存知ですか?マドレーヌは全卵を使うのでふんわりとした素朴な味わい。対してフィナンシェは卵白のみを使用するのでしっとりとした口当たりで、アーモンドの香りも特徴的です。

またマドレーヌの型は貝殻のような形のものが多いのに対し、フィナンシェは先ほどもご紹介した通り金の延べ棒の形。もちろんこれらを焼き上げる型も、それに即した形になっています。

単体と天板

フィナンシェの型にはひとつひとつがバラバラになった単体のタイプと、すべてが繋がっている天板の通りのタイプがあります。単体のタイプは好きな分だけフィナンシェを焼くことができるので、少しだけ焼きたい方にもおすすめ。天板のタイプは一気に焼くことができ、効率を重視する方にぴったりです。お好みやシーンによってセレクトしてください。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう