13. ノーベル賞の晩餐会で飲まれた「北欧紅茶 ギフトセット」

北欧紅茶ティータイムセット
「Tea Centre of Stockholm(北欧紅茶)」は、世界的なブレンダーである、バーノン・モーリス氏が立ち上げたティーブランドです。格式高いノーベル賞の受賞晩餐会で出された紅茶として有名で、スウェーデン王室をはじめ、世界中で愛飲されています。

14. アメリカのティーブランド「STEVEN SMITH TEAMAKER」

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー)
「STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー)」は、その名の通り紅茶界のカリスマと呼ばれたスティーブン・スミス氏が立ち上げたティーブランド。彼の功績により、コーヒーが主流だったアメリカのお茶の消費量は、7倍にも成長したと言われています。

【〜5000円】特別な日に贈りたい紅茶6選

15. 優雅な時間が過ごせる「WEDGWOOD ギフトセット」

ITEM

ウェッジウッド ワイルドストロベリー ティーバッグ

ストロベリーの風味が豊かなファインストロベリー、ミルクティーと相性の良いピクニック、穏やかな朝食に合わせたいウィークエンドモーニング、天然のベルガモットオイルの入ったアールグレイの4種がアソートされたギフトボックスです。

¥3,240〜 ※2018年03月11日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」は、イギリスの陶磁器ブランド。"ウェッジウッドのこだわりの食器を満たすにふさわしいもの"をテーマに、厳選した素材で作られたティーセレクションはギフトに大人気のシリーズです。1,000円以下で買えるお手頃なシリーズもあるので、プチギフトにもおすすめですよ。

16. ルイ14世愛飲の「MARIAGES FRÈRES ギフトセット」

ITEM

マリアージュ フレール 紅茶の贈り物

重厚感あるボックスに入ったマリアージュのギフトセット。花と果実の香りがするマルコポーロと、うっとりする香りのセイロンラトナピュラの2缶がセットになっています。オリジナルの茶さじ付き。

¥3,240〜 ※2019年10月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

紅茶好きなら知らない人はいない「MARIAGES FRÈRES(マリアージュフレール)」。1854年に設立した歴史あるフランスの紅茶ブランドで、ルイ14世も愛飲していたのだそう。なんと500以上もの種類があるので、定番はもちろん、今まで飲んだことのないような珍しい紅茶まで味わうことができます。

17. 世界3大紅茶が楽しめる「The Bund Tea Company ギフトボックス」

バンドティーカンパニー プレミアムアールグレイ&バンドティーカンパニー5ティー ティーバッグ クラフトボックス入
「The Bund Tea Company(ザ・バンドティーカンパニー)」は、お茶の国中国上海で生まれたティーブランドです。特におすすめなのが、インドのダージリン、スリランカのウバと並んで世界三大紅茶とされる「キームン」。まだまだ日本では認知度が低いですが、英国王室では今でも女王の誕生日にキームンを飲む習慣があります。

18. 大満足のセット「KUSUMI TEA エッセンシャル」

ITEM

クスミティー エッセンシャル エンヴェロープ ティーバッグ

クスミティーでもっとも人気のある24種類のフレーバーがセットになったギフトボックスです。プリンス ヴィラディミル、アナスタシア、カシミール チャイなど、クスミティーでしか味わえない特徴的な紅茶が楽しめるので、自分へのプレゼントにもおすすめ!

¥4,800 ※2019年10月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「KUSMI TEA(クスミティー)は、独創的なレシピで今までにないおいしさを生み出すフランスのティーブランドです。ポップでエキゾチックなオリジナルパッケージも印象的。缶そのものがおしゃれなので、包装せずそのままギフトとして使えます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ