ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ティータイムに使いたいガラスのティーポット

ガラスのティーポットとは?

ガラスのティーポットとは、その名の通りガラスでできたティーポットです。熱いお茶をいれるポットなので、ガラスといっても強度のある耐熱性ガラスが使われています。 中には装飾があるようなデザイン性豊かなガラスのティーポットもありますが、基本的には完全な透明のティーポットです。他のティーポットと違うのは、やはりこの「透明である」ということ。中身がしっかり見えるので、茶葉がジャンピングする様子や、美しい工芸茶も目で楽しめます。

こんなときにおすすめ

ガラスのティーポットが活躍するのは、お客さんを招いてのお茶会などでしょう。ガラスのティーポットはそのままでもおしゃれですが、レモンやブルーベリー、桃などさまざまなフルーツをたっぷり入れて作るフルーツティーや工芸茶など、見た目でお客さんを楽しませることができるお茶がおすすめです。これがあるだけでもテーブルがパッと華やぎます! ティータイムにこだわりがある方なら、紅茶の茶葉のジャンピングを楽しむなどひとりのときにもおすすめです。

ガラスのティーポットは直火OK?

ガラスのティーポットには、直火で使えるものと使えないものがあります。必ず明記されているので、直火で使用する予定があるのであれば、商品購入の際、意識して選ぶようにしてみてください。耐熱ガラスのものであれば、直火可の場合が多いです。直火で使うことを考慮して、容量が大きいものを選ぶのがいいでしょう。大人数でのお茶に便利です。 ただし、直火で使えるものであっても、ガラスにひびが入っているような場合は使用しないでください。その部分がもろくなっているので、火にかけた衝撃で割れてしまう恐れがあります。 さらに、直火対応だからと気を緩めていると怪我をしてしまうことがあるので注意してください。耐熱ガラスとはいえ、高温に熱したポットをすぐに冷水で冷やすようなことをすると、急激な温度変化で割れてしまう、といったことがあります。特に安価なガラスのティーポットはこのような事故が多いので、なるべくしっかりした商品を選ぶようにするといいでしょう。

ガラスのティーポットの選び方

ポットの形

ガラスのティーポットには、丸型のものや角型、底が丸型で円錐状のものがありますが、特におすすめなのは丸型です。 紅茶をおいしく味わうことを基準にするのであれば、丸型がもっとも適しています。紅茶は茶葉からどれだけうまみを引き出せるかが大事!丸型ならお湯を注いだとき、茶葉が上下左右にぐるぐる巡回しやすく、「ジャンピング」しやすい形なんです。うまくジャンピングできるかできないかで、紅茶の香りの良し悪しが決まるといっていいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS