ライター : cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの好奇心のままに生きる女☆ヨガや耳つぼなど、心と体のつながりを探求中。どうぞよろしく!

購入の前に!素材の特徴をチェック

花がらや動物柄でかわいいものから、モノトーンやシックな色合いでモダンなものまで、キッチンに合わせて選ぶことができます。けれど、デザインばかりに目がいってしまうと、買った後で後悔してしまうことになるかもしれません。
キッチンマットなら備えておきたい素材の特徴を、買う前にぜひチェックしてみてください。

洗える素材である

食材や調味料を落としてしまったり、何かと汚れてしまうキッチンマットは定期的に洗うことがおすすめ。だから、1度あらってすぐにボロボロになる素材のキッチンマットは言語道断、何度も洗えて乾きやすい素材のものがおすすめです。
キッチンマットの素材で多いのが、ポリプロピレンやポリエステルといった合成素材と綿や綿と麻の混合素材の天然素材です。大きさにもよりますが、どちらも洗濯機で洗濯することができますが、脱水や乾きやすさは合成素材の方が上です。

水を弾く素材である

キッチンマットの主な汚れは油汚れです。また、キッチンは「水回り」というだけあって水の飛び散りやその他の調味料の汚れも多くあります。そのため、キッチンマットは水を弾く素材であることが必須条件といえます。
合成素材は水は弾きやすく、天然素材は水を弾きにくいとされていますが、今は天然素材にはっ水加工が施されているものもあり、あまり差はありません。けれど、購入の際には水を弾く機能があるのか必ずチェックしてくださいね。

滑りにくい素材である

包丁や熱くて重い鍋を持っている時など、両手が塞がっている時に足元が滑るのはとても危険です。そのため、キッチンマットは滑りにくい機能がついたものが必要です。
滑りにくいキッチンマットというのは、素材というより、滑り止め加工がされていたり、滑り止めシートがくっついた仕様のものが多いです。気に入ったキッチンマットに滑り止めの機能がない場合には、後から自分で滑り止めをくっつけるグッズもあります。

低反発素材である

キッチンは、長時間立ち仕事をする場所であり、キッチンマットはその間ずっとあなたの足元にあることを考えると、キッチンマットの肌触りやクッション性は選ぶときの大事なポイントになります。低反発素材のキッチンマットは、クッション性が高いので、物を落とした時や膝や腰に負担がかかりにくいとされています。

洗濯機OKのおしゃれキッチンマット5選

1. クッション性の高いマイクロファイバー

ITEM

洗えるマイクロファイバー キッチンマット

¥1,990

ふわふわでさわり心地のいいマイクロファイバーのキッチンマットです。中材にはウレタンが使われているので、しっかりとしたクッション性もあります。キッチンでの長時間の立ち作業も、ふかふかの心地良いマットで、楽しくなりそう。落ち着いた4つの色で、キ

※2018年2月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
さわり心地とクッション性がくせになりそうなふわふわマイクロファイバーのキッチンマット。手を当てて離すと手の跡がつくほどふっくらしています。吸水性や速乾性にも優れているので、水回りのキッチンにぴったりです。カラーバリエーションは4色あり、キッチンの雰囲気に合わせて選べます。
【仕様】 ■サイズ:約450mm×2400mm×32mm ■重量:約1.3kg ■材質:ポリエステル100% ■カラー:4色(シルクベージュ、モスグリーン、チャコールグレー、ダークブラウン) ■備考:毛足の長さ:約20mm、ウレタンの厚さ:約10mm ■価格:2,200円(税抜き)送料別
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS