雨の日でもアウトドア!? メスティンで心おどる家ごはん

アウトドア派の人たちのなかでは、有名な調理器具「メスティン」をご存じですか?インスタグラマーであるメスティンマニアさんは、メスティンを使いこなし、様々なお料理を作っています!今回は、メスティンの使い勝手やその魅力をたっぷりとお伝えします♪

2018年6月12日 更新

メスティンってなに?

「メスティン」とは、スウェーデンの調理器具メーカーとして有名な「トランギア社」の製品で、取っ手のついた世界最小のアルミ製の飯盒です。その使い勝手の良さから、アウトドア派な人にはもちろん、家庭用としても人気があり、世界中で多くの人から支持を得ています。

いますぐ欲しい!メスティンの4つの魅力

1. ごはんが抜群においしく炊ける

なんと言ってもまずはこれ。「メスティン」は、熱伝導率の高いアルミ製。熱が均一に伝わるため、ご飯がとってもおいしく炊けるんです!「メスティン」をゲットしたなら、まずはとりあえずお米を炊いてみましょう。

2. 直火OKで鍋やお弁当箱代わりにも

「メスティン」は、直火で調理が可能です。"炊飯すること"が基本的な使い方ですが、鍋やフライパンとして使うこともできるので、麺料理や煮込み料理も作れます!

そしてお弁当箱にもなっちゃうんですよ♪キャンプや登山の際、お弁当を食べたあとに夕飯作りに鍋として使えば、荷物が減らせそうですね。

3. 持ち運びに便利なコンパクトサイズ

そもそもアウトドアで使うことを想定されている「メスティン」は、16.5×9×6.5cm、160gとかなりスリムで軽いんです。それなのに約2合分のご飯を炊くことができる優れもの!登山やキャンプで大活躍すること間違いなしですよ♪
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

omio96

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう