オートミールは「まずい」?おいしく食べて、キレイを手に入れよう

日本ではなじみの薄いオートミールですが、最近、朝食用の食材としてなど、人気が高まってきています。でも、中には「オートミールはまずい」なんていう声も。そこで、オートミールをおいしく食べるための選び方や、おすすめのレシピをご紹介します。

2018年9月26日 更新

オートミールがまずいと感じる原因は?

ただふやかしただけのオートミールをそのまま食べてみると、ほぼ無味に近いうえに麦特有の雑味や苦味が感じられるため、「まずい!」という印象になってしまいます。

オートミールには大きく5種類あり、それぞれ食感、風味が違います。メーカーによっても味に特徴がありますので、まずは自分好みのオートミールを見つけることが重要なポイントであると言えます。

おいしいオートミールの選び方

ポイントは、調理時間が短く、手軽に食べられること。

オートグローツと呼ばれる3種類のオートミール(スティールカットオーツ、オートブラン、ロールドオーツ)は、芳醇な風味が特徴ですが、調理に30分ほどかかってしまうため敬遠されがち。

一方で、時短で作れる2種類(インスタントオーツ、クイックオーツ)はお試しで食べたい方に人気です。インスタントオーツは味がついているので、牛乳をかけるだけで簡単に食べられますよ。

おいしいオートミールの食べ方

オートミールは水や牛乳でふやかしたあと、トッピングをすることでグッとおいしくなるんです。ドライフルーツやバナナ、ミックスナッツなどをのせて食感をプラスしたり、クリームやシナモンなどでスイーツ風のトッピングをすれば女子にはうれしい朝ごはんになります。

食事としてもっと満足感が欲しいときは、カレーやパスタソースなどのレトルト食品をかけてみるのがおすすめです。

おいしく食べよう!オートミールのアレンジレシピ5選

1. チョコチップとカレンズのざくざくオートミールクッキー

スプーンで落とすだけでできる、型いらずの簡単ドロップクッキーです。ざくざくの食感と、チョコチップやアーモンド、カレンズがたっぷりなのもうれしいですね。混ぜこむ具材は、ドライフルーツやナッツなどお好みで。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう