「ラザニア」ってパスタ?料理名?意外に知らない豆知識をチェック!

みんな大好きなラザニアですが、実はわかっていないこともたくさんあるはず!そこで今回は、ラザニアにまつわる雑学をあれこれご紹介していきます。意外に簡単に作れる、ラザニアのレシピを合わせてご紹介しますよ♪

2017年12月28日 更新

「ラザニア」についてもっと知りたい!

ラザニアはお好きですか?

イタリアンのお店でおなじみのラザニアですが、発祥の地やバリエーション、グラタンとの違いなど、実はまだまだ知らないことがたくさんあるかと思います。そこで今回は、気になるラザニアにまつわる雑学を徹底調査しました!

ラザニアについて詳しくなったら、きっと誰かに話したくなるはず♪ラザニアが好きな方はもちろん、イタリアンが好きな方にとっても般常識です。食事の際の会話のネタに、ぜひチェックしてみてくださいね!

意外に知らない「ラザニア」について

ラザニアというのは正確にはオーブンで焼いた料理の名前ではなく、中に入っているシート状のパスタのことです。幅広く平らな形が特徴で、大皿で出せばパーティーメニューにもぴったり。

ラザニアの一般的な調理法は、ご存知のようにミートソース、ホワイトソース、チーズをミルフィーユ状に重ねてオーブンでじっくりと焼き上げるというもの。

本場ではリコッタチーズ、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズなど複数のチーズをミックスして使うのが一般的なのだとか。

ラザニアの発祥について

イタリアの代表的な料理のひとつと思われているラザニアは、もともとはカンパニア州ナポリの名物です。ラザニアの語源は、古代ローマ人が使っていた料理用の浅い鍋を意味する「ラサヌム」 (lasanum)から来ています。ラサヌムで作るパスタ料理が、その後ラザニアと呼ばれるようになったのだそうです。

現存する最古のラザニアのレシピは、なんと13世紀のもの。イタリアではそれほど昔から、ラザニアが食べられてきたのですね。

ラザニアとグラタンの違いについて

ラザニアとは?

ラザニアの基本はパスタとソース、チーズを重ねて焼いたもので、ミートソースとホワイトソースを使います。お好みのチーズやお好みのソースで作ることができ、そのアレンジも楽しめますよ。パルミジャーノ・レッジーノだけで作られる、ラザーニャ・アッラ・ボロネーゼという料理もあります。

ラザニア生地自体にも種類があり、アメリカで広く普及している波打ったタイプのものや、ほうれん草を練り込んであるタイプもあるのです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう