ライター : Temi

仕事と子育てをしながら、ゆるーく楽しい暮らしを目指すアラサー主婦です。野菜と果物、お酒が大好き。

じわじわ人気が広がる「ジビエ」

普段外食をされるとき、どんなことを基準にお店選びをしていますか?デートや女子会、忘年会などあらかじめリサーチして予約しておくことも多いかと思います。焼肉、イタリアン、鉄板焼きなど様々なジャンルがあり、選んでいるだけでお腹がすいてきてしまいそうです。 今回ご紹介するのは「ジビエ」。お肉を食べる時に、ステーキや熟成肉が頭に浮かんでくるかと思いますが、ジビエ料理もじわじわ人気を集めているんですよ。ジビエが一体どんな肉料理なのか、食べる際の注意点なども併せてご紹介します。

ジビエ料理とは?

野生鳥獣の食肉のこと

ジビエとは、天然の野生鳥獣を狩猟で得たもののことを指します。フランス語で「gibier」と表記されます。フランスでは古くから高級食材として親しまれていました。日本で狩猟文化はあまりなじみがありませんが、ヨーロッパでは「狩猟」は一般的な食文化です。 日本ではジビエというと「イノシシ」や「シカ」が有名です。ジビエの定義としては野生鳥獣全てがあてはまるので、カモや野ウサギなども該当しています。国によってはクマやカンガルーなども食されているんですよ。ちなみに日本の狩猟解禁日は11月15日~2月15日と限定されています。

どんな味がするの?

くさみが強いことがジビエの一つの特徴ですが、調理方法次第でとても美味しく仕上がります。食感もまた独特で、野生の山々を駆け巡った動物たちは脂肪が少なく筋肉質なので、とても食べごたえのある肉です。脂肪分が少なくヘルシーなので女性からも注目を集めています。

ジビエを食べるときの注意

スーパーで売られているような検査基準をクリアしている肉とは違い、ジビエは野生鳥獣です。細菌やウィルスを持っている可能性もありますので、必ずしっかりと加熱調理をしてから食べてくださいね。なかなかジビエを自宅で調理することは少ないと思いますので、飲食店で食べるのもオススメです。

東京でジビエを食べられるお店2選

ジビエはなかなか自分で手に入れることは難しいので、ジビエが食べられる飲食店を知っていると便利です。都内にも、ジビエ料理を扱うお店はたくさんあるんですよ。今回は、特にオススメの3店舗をご紹介します!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS