由来は出世魚?「トドのつまり」の意味や使い方を徹底解説!

皆さんは「トドのつまり」というフレーズを耳にしたことがありますか?今回は、トドのつまりの意味や由来、使い方まで、詳しくご紹介したいと思います。初めて聞く方も、聞いたことあるけど意味がよく分からない方も、この機会にマスターしちゃいましょう♪

知って得する豆知識♪「トドのつまり」を使いこなそう!

日常会話の中で、聞きなれないフレーズや、意味の分からない単語を耳にすることがありますよね。気の知れた友人なら良いですが、上司や目上の人だと「どういう意味ですか?」と聞くのもためらってしまいがち。帰って調べようと思いつつも、忘れたままやり過ごしてしまうことが多いのではないでしょうか。

今回は、そんな言葉のひとつ「トドのつまり」についてご紹介していきたいと思います。初めて聞く方も、すでに耳にしたことがある方も、詳しく学んでボキャブラリーを増やしてみてくださいね♪

トドのつまりってどういう意味?

トドのつまりの意味

「トドのつまり」は、「結局」「あげくの果て」「行き着いた先」「最終的に」などを意味します。いろいろ試行錯誤したが・さまざまな困難を経たが・努力を重ねたがなどの時間経過が前提にあった上で、良い結果にならなかった、思い通りにならなかったなど、マイナスのニュアンスを表現したいときに使います。

「トドのつまり」の正しい使い方

「トドのつまり」は、「トドのつまり、○○だ(マイナスの結果になった)」という風に使います。例文としては、「トドのつまり、計画が白紙になった」、「トドのつまり、私がやるはめになった」、「トドのつまり、何が言いたいの?」などなど。「結局」や「最終的に」と同じ意味なので、差し替えて使えると覚えておきましょう。

トドのつまりの語源はボラ!?

「トド」というと水族館にいるアシカの仲間を想像しがちですが、「トドのつまり」で使われている「トド」は、「ボラ」という出世魚のことを指しているというのが一般的な説です。出世魚とは成長するにつれて異なる名称をもつ魚のことで、ハマチ→ブリや、セイゴ→スズキなどが有名。

トドは、オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トドというように、出世魚の最終形の名称なことから、「トドのつまり」として「最終的に」という意味を持つようになったと言われています。

トドってどんな魚?

トドもボラも聞いたことがない方も、高級珍味の「カラスミ」は耳にしたことがあるのではないでしょうか。カラスミはボラの卵巣を塩漬けにして作られたもので、越前国のウニ、三河国のコノワタと共に、日本の三大珍味と呼ばれています。

食用に使われているのは、生まれたばかりのオボコから産卵に向かうトドまで。水質が悪い地域で育ったものは臭みが強く食用に適しませんが、品質の良いものはタイにも匹敵するおいしさと言われ、刺身や煮つけなどさまざまな料理に使われています。

トドのつまりの類語が知りたい!

トドのつまりの類語には、「回りまわって」「帰するところ」「要するに」などがあります。類語なので文中で差し替えて使えますし、さほど大きな違いがあるわけではありませんが、それまで経た時間の長さを強調したいときは「回りまわって」、考慮される何かを強調したいときは「帰するところ」、簡潔に結果を述べたいときは「要するに」、ネガティブな要素を強調したいときは「トドのつまり」を使うと良いでしょう。

知らない言葉をさがしてみよう

2018年に10年ぶりに改定される広辞苑では、「チャラい」「口パク」などの現代語が追加されることがニュースとなりました。 時代の流れにあわせて日々新しい言葉が増えていますが、「トドのつまり」をきっかけに、古くからある知らない言葉や、その言葉が生まれた背景について調べてみるのもおもしろいかもしれません。

単純にボキャブラリーが増えるだけでなく、トドのつまりのように魚についての知識や、プラスアルファの情報を学ぶことができます。家族や友人と、会話の話題として楽しんでみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう