「鍋帽子」でおいしくエコ調理!入手方法や作り方、活用レシピも紹介します

コロンと可愛らしいフォルムで置いているだけで絵になる鍋帽子、使ったことありますか?保温調理に最適でガス代節約とあり昨今見直されている調理法です。そんなエコ生活に欠かせない鍋帽子、ここではぴったりのレシピとともにその活用術をご紹介します!

2018年10月4日 更新

かぶせて放置がイマドキ調理

手持ちの鍋が保温調理器具に?帽子をかぶせて放置するだけで、じっくり味が染み込んだ料理ができあがる?そんな嘘みたいな本当の話、「鍋帽子」と称されるグッズがあれば可能なんです。

昔、おばあちゃんが土鍋でおでんを作りバスタオルで巻いて放置したりしていませんでしたか?ルーツは様々ですが、熱を逃がさない保温調理という基本原理は同じです。ここでは、便利グッズ「鍋帽子」について詳しく見ていきます。買うのはちょっと……と躊躇されている方には鍋帽子の作り方までご紹介!イマドキの調理テクニック、スローライフのお供に是非お役立てください。

鍋帽子って?

鍋帽子は、読んで字のごとく「鍋にかぶせる帽子」という意味です。分厚い綿入りの素材で、形はドーム型。鍋にフィットするように丸みをおびているので、熱を持った鍋にスポッと上からかぶせられるようになっています。

用途は、コトコト時間をかけて作る煮込み料理がおすすめです。上手に使いこなせば夏場に麺をゆでる際にも使えるんですよ。使い方は、通常の料理をするように鍋で食材を炒め調味料と水で煮込みます。ポイントはその煮込み時間!たったの数分煮込んだら、火からおろしてこの鍋帽子をかぶせ放置するだけ。保温力にすぐれ、食材にじわじわと火が通り、そのまま冷えますのでグッと味が染み込みます。吹きこぼれの心配もなくなり時間が有効利用できるのも人気の秘密です。

鍋帽子には正規品と類似品がある!?

実は鍋帽子、何となく親しみやすい見かけに反し「公益財団法人全国友の会振興財団」が商標登録している特別なグッズなんです。友の会といえば、さまざまな年代の会員が集まって衣食住や子どものことについて学ぶ活動をしています。そんな社会活動をする中で20年ほど前に生み出されたのが、この鍋帽子。ネット通販や店頭販売はしておらず、入手ルートは、全国友の会振興財団へ問い合わせのみです。勝手に名前を使って販売されているものは類似品ということになりますのでご注意ください。

どうやったら手に入るの?

正規品の鍋帽子は、公益財団法人全国友の会振興財団が販売しているもの。直接メールで問い合わせをして注文することになります。ホームページ上でも大々的に販売しているわけでもありません。また工場での大量生産ではないので、注文後、到着まではしばらく時間がかかることもあります。急ぎの場合は、手作りもおすすめですよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう