表参道の人気カフェ9選!極上のサードウェーブコーヒーを満喫♩

「コーヒー界のアップル」と呼ばれるサードウェーブコーヒーの店舗が、現在少しずつ展開されています。特に表参道エリアには、本当においしいコーヒーが飲めるカフェがたくさんあるのです。有名店から隠れた名店まで、ご紹介していきますよ。

2017年11月22日 更新

ライター : あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くるものに非ず」をモットーに、グルメの可能性を探求する食の放浪者。Twitter系のネタを中心に、クスッと笑える記事…もっとみる

サードウェーブコーヒーとは?

最近話題の新しいコーヒーカルチャーとして、コヒー好きのファンのトレンドとして注目を浴びる「サードウェーブコーヒー」。豆の生産過程から1杯のコーヒーになるまで、こだわりを持って淹れられます。 おしゃれでセンスの高い表参道では、続々とサードウェーブコーヒーを取り入れたカフェやコーヒースタンドがオープンし、おしゃれなコーヒーカップを片手にショッピングを楽しむ人を見かけることも増えましたね。 今回は表参道・原宿エリアでほんとうにおいしいサードウェーブコーヒーを飲めるカフェ、コーヒースタンドをご紹介します。
もっとサードウェーブコーヒーを知りたい人は、以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

1. COUTUME(クチューム)

「パリで一番おいしいコーヒーが飲める場所」として大人気のカフェが、骨董通りに日本初となる店舗をオープンしたのが「クチューム」。 同店を作り上げたトムさんとアントワンさんの2人は、「高品質、透明性と専門的技術に基づくコーヒーカルチャーをパリで広めたい」 というビジョンを体現。
土壌づくりからはじまる全てのことにこだわり抜く、最高の農園との取引のほか、フランスの国内のレストランやカフェ、5つ星ホテルにも卸している厳選したシングルオリジンコーヒーの仕入れ、経験に基づく知識から豆の個性を見極めた焙煎と抽出を行っています。それが、「旨味」 「酸味」 「香り」 を引き出すことに繋がるのだそうです。 そうして自分たちのこだわりを貫き通すことで、ワインのようなフルーティーなコーヒーが誕生します。

浅めの焙煎が生み出す風味が特徴

コーヒーショット S 400円 M450円
エスプレッソマシーンで長時間抽出し、甘みの中にフルーツが香る特徴のあるコーヒー。こちらのお店では、バリスタチャンピオンシップで2位という輝かしい経歴を持つ、いわばトップバリスタの監修のもと淹れたコー匕ーを提供しているんです。正真正銘の本格的サードウェーブコーヒーを飲むことができます。

店舗詳細

正式店舗名:クチューム 青山店 住所:東京都港区南青山5-9-15 OHMOTOビル 1F TEL:03-6418-5325 営業時間:7:30~21:30 定休日:無休 公式HP 店舗詳細ページ:http://coutume.jp/#/

2. COFFEE HOUSE NISHIYA

渋谷から恵比寿方面に歩いた場所に佇むカフェ。堅苦しくなくカジュアルであることと、丁寧なおもてなしがお客さんを魅了する理由です。
カウンター10席のみというスタンディングに近いスタイルですが、朝に軽くコーヒーをいただいたり、夜にも一杯引っかけるのには最適な店。
また、名物カプチーノをはじめ、エスプレッソ系ドリンクが充実のほか、本場のバールから直接取り寄せたリキュール入りエスプレッソカクテルも揃っています。

全国2位の腕で淹れるカプチーノが人気

カプチーノ 500円
オーナーバリスタの西谷さんはジャパンバリスタチャンピオンシップで2位に入賞の実力を誇ります。豆はインドとブラジル産のブレンド。赤ワインやチョコレートの風味が特徴です。ミルクはすっきりと軽め。 デザートのプリンも名物で、大人な苦味のあるカラメルとクリーミーさが合わさりとてもおいしいです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS