3. シャインマスカットチーズケーキタルト

通常価格:780円(税込)
レアチーズクリームとタルト生地も負けないほど主張しています。「見た目で惹かれて食べたけど味の満足度も高い」「マスカットが甘くて疲れを癒してくれる」と食べた人は話しています。食べる瞬間を想像しただけでも、食欲がそそられますよね。

4. バナナキャラメル

通常価格:600円(税込)
やさしい味のバナナにとろ~りとしたキャラメルクリームがたっぷり。「ボリューミー満点」「懐かしい味にホッとする」といった感想がありました。見た目でまず間違いないとわかるタルトですよね。

5. 巨峰のタルト

通常価格:600円(税込)
秋限定で登場する巨峰のタルトです。巨峰の実にゼリーがプラスされており、下のヨーグルトムースと一緒にいただきましょう。「実とゼリーの食感が楽しい」と食べた人は感想を話しています。キラキラ輝く宝石のような限定メニュー、見逃せないですね。

特別な日にはホール丸ごと食べちゃおう♪

通常価格:3,000円(税込)※18cm
こちらがいちごタルトの1ホールです。どうですか、美しさにメロメロになっちゃいますよね。まさにフォトジェニックなスイーツです。価格は大きさによって異なりますので注意してくださいね。 いちごタルト以外のホールスイーツをみてみましょう。例えばチョコレートタルトは15cmで2,300円、モカチョコバナナモンブランは、18cmで2,700円です。 お願いすればバースデープレートもつけてくださいますよ。

ふっわふわのチーズケーキも見逃せない!

通常価格:600円(税込)
タルトやケーキ、プリン、シュークリームと何を食べても満足度が高いのですが、チーズケーキも安くておいしいと評判です。見た目はスフレタイプのふわふわ系で、まさに「シンプルイズベスト!」という言葉がぴったり。
「リーズナブルだからと試しに購入してみたけど、クセがなくやさしい味でホール丸ごと完食しそうになった」「家族で分け合って食べるのが楽しみでつい買ってしまう」「ふわっジュワと口の中に風味が広がる」と、食べた人達は感想を述べています。見た目は素朴ですが、きっと味わい深いのでしょうね。

店舗限定で食べ放題開催中!

フルーツケーキファクトリーの最強のイベントと言えば、毎月15日に開催されるケーキバイキング。ただし開催店舗は、総本店と新さっぽろ店の2店舗に限られています。内容は、ケーキ・タルト食べ放題&ドリンク飲み放題です。 通常のフルーツタルトや、ショートケーキは1ピース500円~600円ほどですから、4ピース以上食べれば元がとれますよ♪ 価格は大人2,200円・子ども850円です。コスパのよさがハンパないでしょう。これをメインにお出かけする人もいるほどです。
食べ放題になるケーキは、いちごタルト・季節のフルーツタルト・パイナップルタルト・ベイクドチーズタルト・チョコモンブラン・ブルーベリータルト・佐藤錦のタルト・はちみつレモンタルト・クラッシックショコラ・ショートケーキ・オレンジとマンゴーのレアチーズなど、バラエティ豊かです。 基本的にお店で販売されているスイーツと同じものが並びますが、中にはバイキング限定のパッションティラミスなどが味わえるのも嬉しいポイントのひとつ。 ドリンクメニューは、コーヒー・ロイヤルミルクティー・マスカットティー・オレンジジュース・アップルジュース・パインジュース・グレープジュースなどいろいろなものが用意されています。
ケーキバイキング攻略法をお教えしますね。開催日は朝7時から整理券が配布されます。なかなか朝早いですので、前日から気合いをいれておきましょう。かなり人気で行列ができることもあるので、それなりに覚悟しておいてくださいね。 逆に朝早く並ぶのが苦手な人は夕方あたりが狙い目でしょう。ただしスイーツによっては数量限定で売り切れている場合もあります。ちなみに最初の方でチーズケーキや、ティラミス、チョコバナナ、キャラメルといった重い系を選ぶと後がしんどいです。 最初は軽めのフルーツ系からスタートするのがおすすめ。タルト生地は、結構お腹にたまる人が多いようです。中には上のフルーツだけを食べて、タルト生地は食べない、マナーとしてNGというのは常識ですよね。 お替わりする際は、空いた食器を持ってカウンターへ持参しましょう。食べ残しは別途料金を支払わないといけない場合もあります。ラストオーダー後30分以内での退席は、マナーとして心がけておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ