80年ぶりの奇跡!チョコレート界の新星「ルビー」は着色料なしでピンク色!?

甘くて誰もが大好きなチョコレート。チョコレート業界では、着色料も果物も一切使用していないのにピンク色でベリーの風味がするチョコレートが発表されて話題になっています!天然のピンク色とベリーフレーバーのチョコレート、どんなものなのでしょうか?

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作!

数多くの種類が販売されているチョコレートですが、基本的にはカカオの配合によってダーク、ミルク、ホワイトの3種類に分かれます。ここ最近、ホワイトチョコの開発以来80年ぶりとなる新作チョコレート「ルビー」が登場。チョコレート業界がとても賑わっているようなんです。詳しくご紹介するので、チェックしてみてくださいね!

新作チョコレート「ルビー」誕生!

チューリッヒの企業「バリーカレボー」が80年振りの新作チョコレートとして発表した味は『ルビー』。その名前にふさわしいチョコレートは色鮮やかなピンク色!このピンク色は「ルビーカカオ」という一般的なカカオとは異なるカカオ豆から生まれる天然色なんです。ベリーのフレーバーや着色料を使って作られた色ではないそうですよ。

世紀の新作はSNSでも話題に!

この世紀の新作が発表されるや否や、ツイッターを始めとしたSNSでは話題騒然。食べてみたいという投稿が相次いでいます。確かに、イチゴ味じゃなくてこのピンク色、注目せざるをえませんよね!着色料を使用しない天然のピンク色の秘密が気になっている人も多いようです。

バリーカレボーが発表したルビーとは?

バリーカレボー(Barry Callebaut )は、スイスのチューリッヒに本社がある高品質カカオと最高級チョコレートのメーカーです。日本ではあまり聞きなれない会社名ですが、森永製菓をはじめとした、製菓会社やメーカーにチョコレートの原材料を供給しています。世界中の人々が口にしているチョコレートのうち、25%がバリーカレボーのチョコレート製品を使用しているんだとか。
この色、着色料や香料などは一切なし。果汁やフレーバーは使用していませんが、ほんのりベリーの風味がするチョコレートです。天然のカカオによって作り出された奇跡の新作なんですよ。
南米で栽培されているカカオの一種「ルビーカカオ」を原料として作られています。ルビーカカオは一見赤みがかっていますが、これまでのカカオの加工方法では赤みを引き出すことができませんでした。今回バリーカレボーは、約13年かけてカカオのレッドを最大に引き出した製造方法を開発。これにより、ルビーカカオの持つ美しい発色といちごの風味を引き出せたんですよ。

日本で買えるようになる?

ルビーチョコレートは先日新商品を公開されたばかり。バリーカレボーでは先行して中国市場での試験販売をする見込みとしています。しかし残念ながら販売価格も販売開始時期も後日発表予定というだけではっきりしていません。
しかし中国で販売を開始すれば、手に入れるために中国まで足を運ぶ日本人チョコレートファンも多いことでしょう。日本での販売もそう遠くないかもしれません。きっと次のバレンタインには、店頭にルビーチョコレートが並ぶことも期待できるかもしれません♩

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

vorgue

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう