ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

パンガシウスとは

※画像はイメージです

巨大ナマズ「パンガシウス」とは

パンガシウスとは、タイやベトナムなど東南アジアに生息する淡水魚のことです。聞き慣れない名前ですが、ナマズの一種で、食用魚として世界中で親しまれています。

日本では、財務省の貿易統計に初めてのったのが2012年。その年は500トンを超えるほどしかなかった輸入量が、2017年にはなんと4,500トンまで増えている、注目の魚なのです。(※1)

パンガシウスはどんな味?

パンガシウスは白身魚で、フィッシュバーガーにも使われる淡白な風味が特徴。濃厚なバターを使ったムニエルやソテーなどにして食べるのもおすすめです。天然のパンガシウスは絶滅の危機にあり、現在私たちが食べているのは養殖されたものなんですよ。

白身魚といえばパンガシウスという国も!

日本では馴染みが薄いパンガシウスは、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパなどではよく知られた白身魚です。イギリスやオーストラリアなどで親しまれる国民食「フィッシュ&チップス(白身魚とじゃがいものフライ)」や、カンボジアでは「アモック」と呼ばれるフィッシュカレーに使われます。

パンガシウスを使うおすすめレシピ5選

1. 気軽なメインに。パンガシウスとエリンギのバターしょうゆ

毎日の食卓に気軽に取り入れられる、パンガシウスのひと品です。ごはんと相性抜群のバターしょうゆで味付けします。メイン料理に最適ですよ!ほかの食材と合わせて調味料と一緒に火を通すだけなので、誰でも簡単に作れます。

2. さっぱり!パンガシウスのムニエル

パンガシウスを、レモンとバターでソテー。さっぱり濃厚な風味が、淡白な味わいのパンガシウスにぴったりです。簡単に作れて、ごちそう感があるひと品になります。残ったレモンバターを、パンですくっていただくのもおいしいですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ