ローディング中

Loading...

琥珀色の瓶に入ったホッピー、みなさんは飲んだことがありますか?居酒屋などでも注文する方が多いですよね。でも、このホッピー自体はアルコール飲料とは少し違うのをご存じですか?今回はホッピーについてや名前の由来、その飲み方までご紹介します。

居酒屋の定番「ホッピー」

居酒屋の定番人気と言っても過言ではない「ホッピー」。かつては首都圏を中心に出回ってたようですが、最近では関東だけに限らずホッピーが飲めるようになり、ファンも一層増えているようです。

また、居酒屋以外にもスーパーや酒販店でもホッピーは購入できるようになり、昔に比べるとグンとホッピーを目にする機会が増えました。ネットショップでもホッピーは購入できますよ。

ホッピーはビールではなく、ビールテイスト飲料です。実際のところビールとはどう違うのでしょうか。ホッピーの原料は麦芽とホップ。ビールと同じ素材で同じ製法で作ります。しかも色や香りはビールにとても似ています。

まさにビール瓶のような容器からジョッキに注げば、見た目もビールに近い雰囲気。今回は、ホッピーとビールの違いや、ホッピーの魅力、おいしい飲み方などをまとめてみました。

ビールじゃない!ホッピーはビール風清涼飲料水

ホッピーは1948年(昭和23年)に、飲料メーカーの現、ホッピービバレッジ株式会社が開発した、ビールテイスト飲料の商標名です。約70年間飲まれ続けるロングセラー商品で、定番人気の焼酎で割る飲み方は、当時自然発生的に生まれたんだそうですよ。

当時はビールが高価だった為、ビールの代替品として生まれたホッピー。ただしアルコール度数は0.8%で、1%以下のホッピーは実はお酒ではなく清涼飲料水扱いです。ただし、アルコールがゼロではないので、商品には運転の際や未成年に対しての注意喚起の文言が表示されています。

ホッピーのカロリー

低カロリー、低糖質、プリン体ゼロ、ビタミン・必須アミノ酸を含むホッピー。カロリーは100mlで11kcal程度です。

ホッピー1瓶330mlは、約36kcalです。ちなみに一般的なビールは350ml缶で約140〜150kcal。ホッピー1瓶の方が本物のビールよりも100kcal以上セーブすることができます。
また、アルコール度数0.8%の低アルコール飲料なので、お酒に弱い人や糖質制限をしている人、ダイエット中の人にも飲みやすいですね。

黒と白の2種類

ホッピーには白ホッピーと、黒ビール風の黒ホッピーがあります。淡色麦芽で作られるのが、白ホッピー、濃色麦芽で作られるのが、黒ホッピーです。黒ホッピーは、香ばしさの中に苦味と甘みが調和した味になっています。

白、黒それぞれのホッピーの中でも、「55ホッピー」や、「ホッピーブラッグ」など、さまざまなラインナップがあります。

何故「ホッピー」なのか、由来

「本物のホップを使った本物のノンビア」という意味からつけられたホッピー。発売当時は、ホップとビールで「ホッビー」と言われていましたが、発音しにくいという理由から、ホッピーになりました。

飲み方

ホッピーは、焼酎で割って飲むのが一般的です。ですが、あまり焼酎が得意ではないという方やアルコールが苦手な方は、よく冷やしてそのまま飲むのもおすすめです。

お好みのリキュール、ソフトドリンクなど、いろいろな割材と組み合わせると、甘みも加わり飲みやすくなります。ここでは、代表的なおすすめの飲み方をご紹介します。公式ホームページでも推奨されている飲み方ですので、ぜひ参考にしてくださいね♩

三冷

昭和40年代後半ごろ発明されたと伝えられる、ホッピーのおいしい飲み方です。コツはホッピー・焼酎・ジョッキの3つをよく冷やすこと。

① ホッピーと甲類焼酎をよく冷やし、ジョッキは冷凍庫に入れてキンキンに冷やしましょう。
② 焼酎、ホッピーの順に注ぎます。黄金比率は1:5。泡が立つように勢いよく注ぎ、かきまわさないのがコツです。

※氷は風味が損なわれるので使いません

ハーフ&ハーフ

ホッピー(ホッピー330)と黒ホッピー(ホッピーブラック)を半分ずつ注げば、ホッピーハーフ&ハーフのできあがりです。
▼ホッピーのもっと詳しい飲み方はこちらから

ホッピーでハッピー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ カクテル

ホワイトラムを使った代表的なカクテルのひとつ、ダイキリ。さっぱりとした味わいの中にほのかな甘みを感じられ、その爽やかな味わいは、多くの人に愛されています。ダイキリの由来や詳しいレシピ、飲み方まで、魅力いっぱい…

レストラン

予約が取れない人気店のキャンセル情報をリアルタイムでLINEでお知らせ、そのまま予約までできちゃう「ごひいき予約」がサービススタート!詳しい情報をご紹介します♩予約が取れない人気店の予約をとるチャンスをゲット…

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

レシピ 缶詰 まとめ

大人から子供まで大好きな人が多いコーンスープ。自宅でも簡単にできるほか、インスタントでも様々な種類がありますよね。今回はそんなコーンスープの作り方をご紹介!冷製や中華風、さらに豆乳を使ったものなど、アレンジを…

ワイン

シードルとは?りんごから作られた果実酒のシードルについてご紹介します。気になる作り方や、語源、ワインとの違い、おいしい飲み方など色々な情報が満載です。シードル好きな方も、シードルを飲んだことがない方も、ぜひ参…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ポテトサラダ レシピ

10月10日は「ポテトサラダの日」!今回は、彩り豊かな「ご当地ポテトサラダ」のアイデアをご紹介します。スーパーで買えるポテトサラダを利用すれば簡単に、個性豊かな味わいを楽しめるんですよ!おかずやおつまみにもぴ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る