人気ウイスキー「マッカラン」の魅力を余すところなくご紹介♪

スコッチウイスキー「マッカラン」をご存知ですか?実は「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれるほど人気の一本!5大ウイスキーの中で歴史の深いスコッチウイスキー。その伝統を連綿と引き継ぐマッカランの、歴史から種類まで余すことなく魅力をお伝えします。その芳醇な香りを楽しみましょう♪

伝統ウィスキー「マッカラン」

マッカランは、イギリスを構成する島国のひとつ、スコットランド発祥のシングルモルトウイスキーです。スコッチウイスキーは大きく分けて、「スペイサイド」「ハイランド」「ローランド」「アイラ」の4種類に分けることができ、その中でも蒸溜所が密集している「スペイサイド」にマッカランの蒸溜所はあります。

昔、ウイスキー製造をしていた工場では、出荷を待つウイスキーを樽に入れて保管していました。長期間樽の中で保存していたお酒が、芳醇な香りの琥珀色の美しい色を持つ液体へと変化。これがマッカランの発祥とのこと。現在では、一度蒸留した後に樽の中で熟成させる方法が製造方法のひとつとして確立されています。

マッカランの語源

スペイ川の流域は、「聖コロンバ丘 」を意味するゲール語「マ・コラム」と呼ばれていおり、その近くに蒸留場が存在していたことから、マッカランと呼ばれるなるようになったとも。この語音が元になっていそうですね。

味や香りについて

マッカランはシェリー酒を作った樽で熟成させるため、ほのかにシェリー酒の香りが漂います。また、甘い芳醇な香りもマッカランの大きな特徴。飲んだ際の口当たりは非常にまろやかで、さまざまなスコッチウイスキーの中でも飲みやすい種類といえるでしょう。

シングルモルトとは?

マッカランはシングルモルトのウイスキーですが、シングルモルトとはどのような意味を持つかご存知でしょうか。シングルモルトは、大麦麦芽を100%使って作られたウイスキーという意味を持っているのです。ほかの植物の麦芽が混ざったものはシングルモルトとは言いません。その分深みのある複雑な香りを楽しむことができます。

マッカランを支える6つの柱

マッカランの象徴的建物

「イースターエルキーハウス」はマッカランを象徴する建物で、スピリチュアルホームと呼ばれ、ゲスト用宿泊施設として試飲会などに使用されているようです。この建物は元々「マッカラン教会」と呼ばれ、その持ち主が「イエーター・エルキーズ」さんと言い、この建物の由来です。

1700年に建築されたのち改修を繰り返し、マッカランの盛衰を見続けてきたその建物は、マッカランの象徴としてボトルやふたにも印刷されています。

スペイサイド地方最小蒸留釜

名だたる蒸留所が集まるスペイサイド地方の中でも有名なマッカラン蒸留所。その中でも一番小さな蒸留釜を使用しています。その特徴は、蒸留する際に直火炊焚きができること。それによりなめらかな口当たりをあたえ、「シングルモルトのロールスロイス」と評される極上のウイスキーを作り出すことができるのです。

「ベスト・オブ・ベスト」のみを厳選

蒸留する際に、初めてすぐは雑味を感じられる成分が混ざっています。蒸留が終わりに近づいてくると、必要な成分はすべて抽出し終えており、混ぜてしまうと雑味が出てしまいます。そのため、前後を抜いた中間部分をウイスキーの原酒として、熟成に回します。この中間部分を「ハート」と呼び、マッカランの場合はなんと16%しか使わないのだそう。それだけ品質にこだわった作り方をしているんですね。

無着色による自然な色合い

きれいな琥珀色をしたあのウイスキーの色は、実は無着色。そのこだわりを徹底して守っています。選び抜いたシェリー樽で熟成させることで、しっかりと香りを含んだウイスキーに成長。とっておきの一本に進化します。

樽へのこだわり

マッカランの樽へのこだわりは突き抜けています。熟成に使うシェリーオーク樽は一度シェリーメーカーに貸し出し、シェリーの香りが移った状態で使用するこだわりよう。マッカランの求める味に近づけるためには手間を惜しまないんですね。

妥協なき職人の心

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう