中身を食べたらDIY♪ エコかわいい「お菓子袋ポーチ」が5分で完成!

最近じわじわ人気が高まっている、お菓子袋のリメイク。中でも話題になっているのが、お菓子袋を使ったポーチです。自分好みな菓子袋を手に入れたら、100均でファスナーをゲット!あとはちょっとした工作道具さえあれば、わずか数分で完成です♪

2019年1月28日 更新

お菓子袋でつくるポーチがめっちゃかわいい♩

各種SNSで静かなブームになっているお菓子袋でつくるポーチをご存じでしょうか?これが、簡単な上にあまりにもかわいくて、自分で試してみる人が続々と増えているんです♩
どれくらい手軽なDIYかというと、針の1本も使いません。しかも、素材は全部100均だけでそろっちゃう!自分好みなパッケージを選べば、ふだん使いのバッグなどの持ち物とのコーディネイトもバッチリですよ。

シンプルな工作なので、手をかければかけるほど素敵な仕上がりになるんですが、今回は基本といえる一番簡単な方法を試してみました。実際にやってみてわかった失敗しやすいポイントなどもご紹介しますね!

5分でかわいくDIY♩お菓子袋でポーチをつくろう

用意するもの

材料
・お菓子の袋
・手芸用のファスナー(100均でもかわいいものがいろいろ見つかります)
・両面テープ or 接着剤(接着力の強いもの)

工作道具
・はさみ
・クリップ or 洗濯ばさみ

作り方

① 袋の上部をていねいにカットする。
はさみで丁寧にカットしましょう。仕上がりが悪くなるので、ギザギザにならないようご注意を。
② 中のお菓子を取り出す。
作業の邪魔になるので、中のお菓子を取り出しましょう。食べちゃってもOKです。お菓子が直接袋の内部とふれている場合は、洗ったり拭いたりしてきれいにしておくこと。
③ ファスナーに両面テープを貼る。
両面テープをファスナーに貼り付けます。よれたりしないよう、片側ずつ丁寧に作業してください。この時、ファスナーの金具を動かしてみて、テープを噛んでしまうようならテープを貼り直すこと。そのままつくると仕上がった時の金具の動きが悪くなってしまうので、閉じ開きする部分から少し余裕をもった箇所にテープを貼るようにしましょう。
両面テープの接着力が弱い場合は、こういう接着剤を使うのも手。より丈夫なものを作りたい方におすすめです。
④ 袋の上部に、片側ずつファスナーを貼る。
片面ずつ、ていねいにファスナーを貼っていきます。貼る位置は画像を参考にしてください。ここでも、ファスナーが少し上へ出るような位置に貼るようにすると、できあがったときのファスナーの動きがよくなります。

また、ファスナーの金具が邪魔になる時は、動かしながら作業してください。
お菓子の袋よりもファスナーが長い場合は、少し長めに残してサクッと切っちゃいましょう。
左右の余った部分は、反対側に折り返してくっつけておきます。
⑤ 折り返した部分を接着し、クリップではさむ。
折り返した部分が浮いてしまう場合は、接着剤が乾くまでクリップや洗濯ばさみでとめておきましょう。
⑥ しっかり乾いたらできあがり!
接着剤が乾けば完成!袋の色合いとファスナーの色を合わせればより自分好みに仕上がるはず。

なお、素材はあくまでお菓子の袋ですから、尖ったものや重いものを入れるとたぶん破れてしまいます。長く使えるよう丁寧に扱いましょうね!
▼こちらも簡単DIY♩すぎに作れて機能的!

大きめのお菓子袋でポーチをつくる場合

先ほどのチョコの袋よりひとまわり大きなものを用意してみました。これでもポーチを作ってみます。材料は先ほどと同じ。ただ、袋自体の素材とファスナーは少し丈夫そうなものに変更!

作り方

① 上部にキリトリ線をつけてから、ていねいにカット。
大きな袋の場合、上部を切る時まっすぐに切れない可能性があります。はさみをいれる前にしっかりキリトリ線をつけておけば、安心してカットできますね。お菓子袋ですから、わざわざ定規で線を引いたりしなくても、折り曲げるだけできれいな跡がつきます。
② 袋から中身を取り出す。
作業の邪魔になる袋の中のお菓子を取り出します。今回はミルク珈琲キャンディ。おいしそう……!
③ ファスナーに両面テープを貼る。
両面テープをファスナーに貼り付けます。袋が大きくなった分だけ長くなり、よれやすくなるので注意してください。画像ではきっちり中心に寄せて貼っていますが、もう少し間を開けたほうが、できあがった時のファスナーの動きがなめらかになります。
テープの接着力に不安がある場合は、接着剤の力を借りましょう。
④ 袋の上部に、片側ずつファスナーを貼る。
よれないようにていねいに貼りましょう。ファスナーの留め金が袋の縁にくるよう位置を決めてください。ファスナーの金具が邪魔になる時は、動かしながら作業すること。

余った部分は少し残してカットしてOKです。
⑤ 折り返した部分を接着し、クリップではさむ。
余らせた部分は折り返し、反対側に接着しましょう。両面テープだけでもくっつきますが、接着剤を使うと丈夫になります。クリップや洗濯ばさみでとめておくのがおすすめ!
⑥接着剤が乾いたらできあがり♩
両端がしっかりとまったら完成です!ちょっと丈夫なファスナーをつけて接着に気を使えば、バッグに入れておくくらいなら剥がれることもありませんよ。

お菓子や小物を入れておいて、ちょっとした時に友達や同僚に見せたら、驚いてくれそうですね♩
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ushi3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう