ローディング中

Loading...

ラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルク。みなさんはアイスに種類があるのをご存知ですか?この3種類を見れば、成分や味の違いも想像できるんです。今日からあなたのアイス選びがガラッと変わるかも♩ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイスクリームとラクトアイスの違いとは

暑いですね。僕は毎年この季節になると大量にアイスを買い込むのですが、そんなアイス好きの僕が未だに不思議に思っているというか、よく分からないことがあります。

アイスの成分表示。皆さんはアイスによってこの「種類別」の部分の名称が異なるのはご存知ですか?僕が知っているだけでもラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルクの3種類。

でもこの3種類、一体どう違うの?

アイスクリーム

みなさんが「アイスクリーム」と呼ぶものがこちら。ハーゲンダッツなどの高級品に多いです。というのも乳固形文15.0%以上、そのうち乳脂肪分が8.0%以上含まれているいる、かつ1gあたりに含まれる細菌数が100,000以下の物しかアイスクリームを名乗ることができないのです。

つまり、原材料に含まれている乳製品がアイスクリーム独特の風味や食感を作り出しているということです。

また、細菌数は発酵乳、または乳酸菌飲料を原料として使用した物にあっては乳酸菌、または酵母以外の細菌数をいいます。

「細菌」というと怖いと思う方もいるかもしれませんが、細菌は生きていればどこにでも存在するもので、そのほとんどが悪いものではありませんのでご安心を。

ラクトアイス

ラクトアイスは最も多く市場に出回っているアイスの種類です。

含有成分はというと、乳固形文3.0%以上、そのうち乳脂肪分が0%、細菌数は1gあたりに50,000以下。うえで述べたアイスクリームとの大きな違いは原材料に乳製品が含まれていないということです。

これが何を意味するかというと、ラクトアイスは乳製品を少なくして代替品で風味や食感を作り出しているということです。

その代替品というのが、植物油脂なのです。

アイスミルク

アイスミルクはアイスクリームとラクトアイスの中間に位置します。

含有成分は乳固形文10.0%以上、そのうち乳脂肪分が3%、細菌数は1gあたりに50,000以下。こちらも原材料に含まれる乳製品の割合が低いため、代わりに植物油脂で風味や食感を再現していることになります。

氷菓

うえで説明した物以外、つまり乳固形分3.0%未満のものは、アイスクリーム類ではなく、食品衛生法にもとづく「食品、添加物等の規格基準」により、氷菓として規定されているのです。

果汁などを凍らせたアイスキャンディーやシャーベットは氷菓として市場に出回ります。

アイスには賞味期限がない!?

結論からいうと、アイスには賞味期限がありません。全ての食品には賞味期限があると思っていた方には衝撃的な事実かもしれません。

お気づきの方も多いかと思いますが、アイスのパッケージにある成分表示をよく見てみると、賞味期限に関する表記がされていないのです。

おいしく食べるための温度はありますが、賞味期限はない食品なのです。

というのも、アイスは基本的に"品質の低下が無い"食品であるとされているのです。

アイスが品質の低下が無い食品というのは、温度管理がきちんとされていれば、細菌は増えず長期保存しても品質の変化が極めて少ない食品ということです。

しかし、一度溶けてしまえばその基準も変わります。溶けることで品質は劣化したとみなされ、再び凍らせたとしてもその品質が戻る事はありません。

なので、業界団体では賞味期限表示に変えて、「ご家庭では-18℃以下で保存してください」、「要冷凍(-18℃以下保存」などと記載するようにし、品質管理の徹底を促しています。
溶かさないことが前提ですので、溶けてからのことは保証してもらえません。

しかし、夏場は買ってから持って帰るまでに大体溶けちゃいますので、品質の保証は全くされていないことになりますね。

みなさんは、この時期のアイスは、買ったらなるべく早く食べましょう。

いつもと違った見方で楽しんで

アイスクリームが種類によってどのような違いがあるか、お分かりいただけましたか?

今まで、パッケージに書いてある表示を意識して見たことはなかった!という方も、この際にちょっと目を向けてみてはいかがでしょうか。

種類別に正しく理解すれば、自分好みのアイスを見つけやすくなるかもしれませんよ!

成分表示を見る事で、そのときの気分に合わせたアイスを選べますので、是非是非チェックするようにして下さい!

ちなみに、アイスクリームには高価なものが多いのでご注意!
▼成分については、こちらを参考にさせて頂きました。
▼実は知らない?◯◯と◯◯の違い

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

ブランマンジェというスイーツをご存じですか?見た目はパンナコッタやババロアそっくり……ブランマンジェとは具体的にどんなスイーツを言うんでしょう?今回はブランマンジェの特徴や作り方、その他スイーツとの違いをご説…

いちご

ハーゲンダッツに、濃厚でクリーミーなアイスクリームとさまざまな食感が楽しめるバータイプのアイスクリーム、ハーゲンダッツクランチークランチ「スイートストロベリー」が新登場!果肉と果汁がぜいたくに使用され、甘酸っ…

キッシュ タルト パイ

卵、野菜、チーズもたっぷりのキッシュですが、具体的にキッシュとはどういった料理を指すかご存じですか?タルトのようでもありますが、タルトとの違いや、パイとの違いは何なんでしょう?今回は、キッシュについての説明と…

日本酒を入れる徳利(とっくり)ですが、徳利とはお銚子とは違いのでしょうか?漢字もちょっと変わっていますよね?今回は徳利とお銚子の違い、漢字の由来をご説明します。独特の形の徳利、実は使い方にマナーがあるんです。…

レシピ

ちりめんじゃこ、しらすを食べたことはありますか?年中売られており、とても身近なお魚です。大根おろしと一緒に食べるのが定番ですね。クセが無く、旨みたっぷりのお魚をもっとおいしく食べるレシピや旬の時期など詳しくご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

tanukimaru

tanukimaruです。構成作家などやってます。美味しいものと犬...

ページTOPに戻る