ローディング中

Loading...

ラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルク。みなさんはアイスに種類があるのをご存知ですか?この3種類を見れば、成分や味の違いも想像できるんです。今日からあなたのアイス選びがガラッと変わるかも♩ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイスクリームとラクトアイスの違いとは

暑いですね。僕は毎年この季節になると大量にアイスを買い込むのですが、そんなアイス好きの僕が未だに不思議に思っているというか、よく分からないことがあります。

それは、成分表示。一口にアイスと言っても、名称が異なることをご存知でしたか?一般的にはラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルクの3種類があります。そこで、今回は、この3種類の違いについてご紹介します。

でもこの3種類、一体どう違うの?

アイスクリーム

みなさんが「アイスクリーム」と呼ぶものがこちら。ハーゲンダッツなどの高級品に多いです。しかし、アイスクリームを名乗るには3つの条件があります。1つめは、乳固形文15.0%以上であること、2つめは、乳脂肪分が8.0%以上であること、そして、3つめは、1gあたりに含まれる細菌数が100,000以下であることです。

つまり、あの独特な風味や食感は、アイスクリームの原材料に含まれている成分が、作り出しているということです。

ラクトアイス

ラクトアイスは最も多く市場に出回っているアイスの種類です。アイスクリームとの違いは、原材料に乳製品が含まれず、乳固形文3.0%以上、そのうち乳脂肪分が0%、細菌数は1gあたりに50,000以下という成分でできています。

つまり、ラクトアイスには乳製品の成分は少なく、代替品で風味や食感を作り出しているのです。

その代替品というのが、植物油脂なのです。

アイスミルク

3つめのアイスミルクは、うえでご紹介した、アイスクリームとラクトアイスの中間に位置します

そしてアイスミルクは、乳固形文10.0%以上、そのうち乳脂肪分が3%、細菌数は1gあたりに50,000以下、という成分でできています。アイスミルクもラクトアイス同様、乳製品の含有率が低いため、植物油脂で代替して、風味や食感を再現しているんです。

氷菓

最後にご紹介するのが、果汁などを凍らせたアイスキャンディー。こちらは氷菓として市場に出回ります。氷菓に分類されるアイスは、食品衛生法の「食品、添加物等の規格基準」で、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやシャーベットを指します。

アイスには賞味期限がない!?

結論からいうと、アイスには賞味期限がありません。全ての食品には賞味期限があると思っていた方にとっては、にわかには信じられないかもしれませんが、アイスクリームには賞味期限がありません。

お気づきの方も多いかと思いますが、アイスのパッケージにある成分表示をよく見てみると、賞味期限に関する表記がされていないのです。

それは、印刷ミスではなく、アイスクリームには賞味期限がないからなんです。アイスクリームは基本的に品質の低下がない食品とされているため、品質が維持される期限の保証を示す賞味期限がないのです。

品質の低下がないとは、温度管理が徹底されていれば、細菌は増殖せず、長期間保存しても、品質の変化が少ない、ということです。

しかし、一度溶けてしまうと、品質が劣化したとみなされ、再冷凍しても、その品質は戻りません。

なので、メーカーは「ご家庭では-18℃以下で保存してください」、などと記載することで、品質の管理を促しています。
アイスクリームは溶かさないことを前提に販売されている食品のため、溶けてからの品質の保証はありません。

とは言っても、夏場など、持ち運んでいる間に溶けてしまった場合でも、品質の保証がされないことになってしまいますよね。

みなさんは、この時期のアイスは、買ったらなるべく早く食べましょう。

いつもと違った見方で楽しんで

アイスクリームが種類によってどのような違いがあるか、お分かりいただけましたか?

今まで、パッケージに書いてある表示を意識して見たことはなかった!という方も、この際にちょっと目を向けてみてはいかがでしょうか。

種類別に正しく理解すれば、自分好みのアイスを見つけやすくなるかもしれませんよ!

成分表示をみて、気分に合わせたアイスを選んでみてくださいね。

ちなみに、アイスクリームには高価なものが多いのでご注意!
▼成分については、こちらを参考にさせて頂きました。
▼実は知らない?◯◯と◯◯の違い

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

三軒茶屋「ベーカーバウンス」は素材にこだわるアメリカンダイナー

たまにはお腹いっぱいハンバーガーを食べたい!でも、食の安全が注目される今。食べるお店は慎重に選びたいですよね。そんなとき、絶対訪れて欲しいのが「ベーカーバウンス」です。食材や調理方法へのこだわりがあり、安心し…

説明できる?今さら聞けない「生ハム」と「プロシュート」の違い

「生ハム」と「プロシュート」って、ふたつともよく耳にする言葉ですよね。しかし、その違いをいざ説明しようとすると…少し難しいところ。そこで今回は、両者の違いについて説明していきます。今後、食べるときの参考にして…

埼玉「パパピニョル」は日本初のアーモンド菓子専門店!

今まで何気に手に取っていたアーモンドですがそのアーモンドに視点をおいたのがこちらのお店「PaPa Pignol(パパピニョル)」です。ひとつひとつのお菓子がとても丁寧で繊細で虜になること間違いありません。ネッ…

ページTOPに戻る