京都女子も夢中!「吉祥菓寮 祇園本店」のきなこスイーツに連日行列♩

地元の人はもちろん、京都観光ではハズせない菓子店として有名な「吉祥菓寮」。ココでは、きなこがかけ放題で味わえる「吉祥菓寮」について徹底レポート。看板商品や、SNSで話題のパフェ、かき氷・ランチ情報、通販で購入できるかをくわしくご紹介します。

京都でハズせないお菓子店♩

2006年9月にお菓子作りをスタートした「吉祥菓寮(きっしょうかりょう)」。こだわりの自家焙煎きなこや、和菓子・洋菓子のおいしさを身近に楽しんでもらいたい……と、ブランドの旗艦店として2015年3月、京都市東山区に祇園本店をオープンしました。

店内では、きなこがかけ放題で思う存分味わえるとSNS上でも話題に。日本初「煎り大豆」を節分豆として商品化し販売したのも実は「吉祥菓寮」なのです。その「煎り大豆」は、作るのに5日も時間をかけるそうですよ。

上質なきなこを使用したスイーツは、感動するほどの味わいだと口コミでも評判です。ココでは、京都・吉祥菓寮について、くわしくご紹介します。

上質きなこは「吉祥菓寮 祇園本店」で

「吉祥菓寮 祇園本店」は、京都市営地下鉄・東西線の「東山駅」から歩いて5分ほどの場所に位置しています。外観は、ダークブラウンの板壁や縦格子など和モダンな雰囲気です。
店内の1階は、販売スペースで2階がカフェスペースです。2階は白壁にダークブラウンの柱が特徴的で、隅まで見渡せるほどスッキリとした和洋折衷の空間が広がります。天井が高く開放感があり、照明にまでこだわりを感じるほど。席はテーブル席が24席ほど配されています。
初代・北川源左衛門氏が、桂離宮の横に菓子茶房を構えたのは江戸時代中期くらいです。1934年に13代目の北川徳次郎氏が京都で「桂華堂」を創業し、日本初「煎り大豆」を節分豆として商品化。それを販売したのが「吉祥菓寮」なのです。
先に紹介したように「煎り大豆」を節分豆として売り出した「吉祥菓寮」。そのシンプルな煎り大豆を作るのに、実に5日の手間がかかると話します。京都東山の地に開店したココ「吉祥菓寮」は、初代から数えて16代目と、ルーツは江戸時代にある老舗のような伝統店です。

看板商品は「本わらび餅」

出典:www.instagram.com

価格:1,620円(税込)

本わらび粉を100%使用した「本わらび餅」は、すべて職人による手作りなので、数量限定で販売されています。竹筒に入ったわらび餅は、品があり職人さんのこだわりが伝わってくるほどです。箸でつまむとプルンとのびて、深煎りきなこの風味が豊かにただよいます。
各テーブルには自家焙煎きなこが置いてあるので、お好きなだけ追加していただきます!実際に食べた人は「これまで食べたわらび餅の中でも断トツ1位」「口に含むととろけてしまう」「今まで食べてたわらび餅ってなんだったのって思った」といった口コミをネット上にアップしています。
「これを食べるためだけに行列に並んだ!」という口コミもあり、その人気の高さがうかがえますね。さらに「あのときのわらび餅、もう一度食べたい……」という言葉とともに写真を投稿している方も。いつまでも忘れられない感動を与えてくれる逸品です。

SNSではパフェが人気!

本わらび餅が評判ですが、SNS上ではパフェの話題でもちきりです。スマホで撮影してアップしている人も多数いるほど。ここでは定番&期間限定で楽しめるパフェについてご紹介します。

焦がしきな粉パフェ

特集

SPECIAL CONTENTS