数々のランキングを総なめ!「蒜山ジャージーヨーグルト」人気の秘密は2層にあり♩

岡山の蒜山酪農の看板商品「蒜山(ひるぜん)ジャージーヨーグルト」は、濃厚クリーミー×さっぱりの2層仕立てのヨーグルト。さらにかわいいレアパッケージも話題に!? さまざまな賞も受賞しているその味の秘密と魅力を徹底追及します。

2019年3月7日 更新

こんなヨーグルト食べたことない!?

岡山県の北部の自然豊かな高原にある蒜山酪農。この農場で飼育されているジャージー牛のミルクからつくられた蒜山(ひるぜん)ジャージーヨーグルトは、濃厚でクリーミー味わいなのに、すっきりとした後味で多くのひとを魅了しています。「ご当地ヨーグルトグランプリ」で金賞を受賞したり、通販サイトのランキングでも上位に入賞したりなど、話題となっています。

今回は、この「蒜山ジャージーヨーグルト」についてご紹介します。おいしい牛乳をつくるための酪農への情熱や、牛乳本来の味を生かした製法、多くのひとを魅了するその味の理由など、「蒜山ジャージーヨーグルト」を徹底的に追及します。

岡山で愛されるジャージー牛

馬と自然の画像

※画像はイメージです。

農場は、岡山市内から車で約1時間半、岡山県北部の真庭市蒜山にあります。蒜山インターチェンジからは約10分ほどです。こちらでは世界的にも希少な「ジャージー牛」を飼育しており、飼育頭数は日本一の約2,000頭
ジャージー牛のミルクは、脂肪分がβカロテンの作用で淡い黄色を帯びています。このことから別名「ゴールデンミルク(GOLDEN-MILK)」とも呼ばれています。高たんぱくで栄養価も高いミルクですが、搾乳量はホルスタイン種の2/3ほどでとても貴重なミルクなんですよ。
加工施設も併設しており、ジャージー牛から搾乳されたミルクで、ヨーグルトやバターを製造しています。その製品づくりの信念は、「健康なジャージー牛から搾乳されたおいしいミルクを、新鮮なうちに加工して、お客さまに安心を提供すること」。そのために、牛をのびのびとした環境で飼育し、搾りたてのミルクで、保存料・安定剤を一切使用せずに製品をつくっています。

これが蒜山ジャージーヨーグルト!

蒜山酪農で一番人気の商品がこちらの「蒜山ジャージーヨーグルト」です。フタにはかわいらしい牛がデザインされています。

FOODEX JAPAN2014で行われた「ご当地ヨーグルトグランプリ」で金賞を受賞。食べログのお取り寄せヨーグルトランキング1位楽天のデイリーランキングヨーグルトランキング1位など、数々のランキングでも1位をとり、メディアでも話題のヨーグルトです。
昔ながらの製法を採用し、牛乳を殺菌、発酵してつくるというシンプルなつくり方をしています。おいしさの最重要ポイントである牛乳は搾りたての新鮮なものを使用し、そのおいしさを壊さないように安定した乳酸菌を加えています。

原材料名は、ジャージー生乳(岡山県)、砂糖、香料とシンプル。保存料・安定剤を使っていないので、賞味期限は18日間となっています。小さいお子さんがいるお母さんにも嬉しい商品ですね。

おいしさの秘密は2層構造

濃厚な味わいとクリーミーなコクが特徴で、まるでスイーツのようだとも言われています。そのおいしさのポイントは「濃厚なクリーム層×さっぱりなヨーグルト層」。珍しい二層構造が、このヨーグルトのおいしさの秘密です。

濃厚なクリーム層は、少し黄色を帯びています。これは新鮮なジャージー乳を、そのまま殺菌して発酵しているためできるもの。濃厚でまったりとした口どけで、コクと旨味が凝縮されています。そして下のヨーグルト層は、クリーム層よりさっぱりとした味わいで、とろとろな口どけもたまりません。

クリーム層とヨーグルトを一緒に食べてもよし、濃厚なクリーム層だけを先にいただいてもよし、全体を混ぜ合わせてよし……さまざまな楽しみ方をすることができます♩
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう