朝5時から大行列!札幌「かど丸餅店」のいちご大福は期間限定の逸品♩

札幌で有名な「かど丸餅店」は、地元で有名な老舗の和菓子店です。看板商品のいちご大福は、一時期メディアでも多数取り上げられたほどの超ヒット商品。今回は、朝の5時から大行列ができるというその人気の理由について徹底調査してまいりました!

2018年9月19日 更新

大行列を作る「いちご大福」!

昭和15年創業の老舗和菓子店「かど丸餅店(かどまるもちてん)」は、札幌では知らない人はいないとも言われる大変有名なお店です。「SmaSTATION!!」や「いきなり!黄金伝説。」、「鉄腕ダッシュ」などの情報バラエティ番組でもたびたび紹介されており、いまや行列必至の超人気店となりました。

開店1時間前の早朝5時から行列ができるほどの大盛況ぶり。極寒の真冬でもお店の前には長蛇の列ができています。お客さんの目的はお店の看板商品でもある「いちご大福」とのことですが、いったいどんな商品なのかみなさん気になりませんか?そこで人気の秘密を探るべく、「かど丸餅店」について徹底調査してまいりました。

札幌「かど丸餅店」

最寄り駅は札幌市営地下鉄東豊線「東区役所前駅」となります。2番出口から徒歩で10分、もしくは北海道中央バスに乗り「北18条東8丁目」停留所で降りて1~2分歩いたところです。とっても趣が感じられる建物で、昔ながらの和菓子店といった雰囲気を醸し出しています。
店内も外観に負けず劣らず歴史を感じさせる風格です。開店は朝の6時。商品が売り切れ次第閉店とのことで、だいたい10時から11時頃にはお店を閉めてしまいます。店頭販売のみとなっており、お取り寄せや通販は行っていないそうです。

果汁が練りこまれた深紅色のいちご大福

1個 175円

「かど丸餅店」のいちご大福は、餅の部分に苺の果汁が練り込まれているのが特徴です。そのためキレイな深紅色をしており、まるでスモモやプラムのようなかわいらしいビジュアルをしています。中に入っている苺は酸味が少なめで果汁たっぷり。九州産の苺を使用しているそうで、こしあんとの相性も抜群です。
全体的に甘さが控えめなので、2~3個ペロリと食べられてしまうとのコメントが多数あります。餅とあんこと苺のバランスが三位一体となり、絶妙なハーモニーを生んでいるんだそうです。お値段はひとつ175円、1日400個限定、おひとりさま10個までの販売となります。
餅とあんこを薄めにまとわせているので、苺の存在感がしっかりと感じられるフルーティーな味わい。実際に食べた方々は「こんなにおいしいいちご大福、食べたことがない!」とか、「今まで食べたいちご大福の中で確実にナンバーワン!」といった感想を残しています。

販売は2月から5月の期間限定!

「かど丸餅店」のいちご大福は冬季限定の季節ものとなります。販売期間は2月から5月が目安となっており、年によって若干前後するみたいです。苺がおいしい限られた時期にしか食べられない商品なので、毎年シーズンが訪れるのを楽しみにしている方もたくさんいらっしゃるんだとか。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう