ZIPで紹介!横浜中華街で働くプロに聞いた「絶品餃子」の名店5選!

中国で、旧正月の春節を祝ってよく食べられている餃子。『ZIP!』で、横浜中華街で食べられる人気の餃子が紹介されました。どのお店の、どんな餃子が取り上げられたのでしょうか?詳しく見ていきましょう。餃子以外の人気メニューもご紹介します。

ZIPで紹介!横浜中華街のおいしい餃子

情報番組『ZIP!』で、中華街の餃子のおいしいお店が紹介されました。中国では旧正月である「春節」に、餃子を食べる習慣があります。餃子の発音が、子どもを授かることを意味する単語に発音が似ていることから、縁起物とされているんですよ。
1月28日から2月11日まで、横浜中華街でも獅子舞や龍舞、皇帝衣装のパレードなど、春節を祝うイベントを開催中。もちろん、餃子もたくさん提供されていますよ!『ZIP!』では中華街の飲食店で働くプロの方に聞き込みをしておいしい餃子を紹介していました!

1. 山東「水餃子」

もっちもちの「水餃子」(756円)で有名な「山東」。店の看板メニューと言えるほどの人気で、ここを訪れたお客さんはほとんど、この水餃子を注文しているんです。

中にはシャキシャキのニラがたっぷり入ったあんが詰められていて、とってもジューシー。甘い香りが独特な、ハッカクやココナッツ入りのざらっとしたタレでいただきます。
口コミを見ると、「ココナッツのたれが絶妙!」「無性に食べたくなる味」「横浜中華街に来ると、必ずここに来て食べちゃう」など、根強いファンが多いようです。

山東はこんなお店!

「山東」は元町・中華街駅の2番または3番出口より徒歩5分のところにある、家庭的な雰囲気のお店です。水餃子だけではなく、チャーハンや麻婆豆腐、点心など、種類豊富なメニューがそろっています。どれもボリュームたっぷりで、何を頼んでもおいしいという口コミばかり。

店舗情報

■店舗名:山東 1号店 (サントン)
■最寄駅:みなとみらい線 元町・中華街駅(2番または3番出口)
■住所:神奈川県横浜市中区山下町150
■電話番号:045-651-7623
■営業時間:045-651-7623
■定休日:無休
■公式HP:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14042276/

2. ダリアン「大連焼餃子」

焼き餃子が大評判の「ダリアン」。「大連焼餃子」(680円)はお皿いっぱいに広がった、香ばしくパリパリの羽根が特徴です。独自の配合でブレンドした粉で作った皮と、豚骨スープを練りこんだあんで、タレを付けなくてもおいしいとのこと。

「ラムパクチー餃子」

こちらは春節限定商品の「ラムパクチー餃子」。パクチーがたっぷり入っていて、ラムの香りにマッチしています。レポーターの女の子によると「エスニックな味わい」なんだとか。トレンドのパクチーをおいしく食べられそうですね!

ダリアンはこんなお店!

「ダリアン」はJR根岸線石川町駅の中華街口からも、みなとみらい線元町・中華街駅からも徒歩5分の、中華街大通りにあるお店です。中華街ではめずらしく落ち着いた都会的な空間で、デートや女子会にもぴったりな雰囲気。

麻辣スープと白湯スープの2種類を同時に味わえる、美容効果たっぷりの「薬膳たっぷり大連火鍋」(1,980円、2人前から注文可能)も人気です。

特集

SPECIAL CONTENTS