初心者でもあたふたしない!「サブウェイの注文方法」完全マニュアル

身近なファストフード店となった「サブウェイ」と言えば、オーダーをカスタマイズできるサンドイッチが有名ですよね。しかし、その注文方法が複雑な気がして、足が遠のいている方も少なくないはず。そこで今回、完全マニュアルとしてまとめてみました!

もう迷わない!サブウェイの注文

もう迷わない!サブウェイの注文

Photo by macaroni

身近で気軽なファストフードとして人気を誇る「SUB WAY(サブウェイ)」。その場で作りたてのサンドイッチを注文できて、手軽に野菜を摂れると評判になっており、今では店舗数も増えています。
その一方で、「注文の仕方がわからない」「どの組み合わせが美味しいの?」と、素朴な疑問や注文方法が分からず、足が遠のいている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、初心者さん必見!サブウェイの気になっていたいろんな疑問や、オーダー方法、カスタマイズ方法を伝授しちゃいます。

これで完璧!サブウェイの注文方法 〜初級編〜

サンドイッチを決める

サブウェイのカウンターの画像

Photo by Settawat Udom / Shutterstock, Inc.

まずは、メニューのなかからどのサンドイッチにするか決めましょう。定番のものから期間限定まで、さまざまな種類から決めるのも迷ってしまいそうです。ここは定番人気の「BLTサンド」や「えびアボカド」も良いですが、季節により期間限定メニューで旬のサンドイッチを楽しむのも良いかもしれません。

5種類のパンから選ぶ

サブウェイのパンメニューの画像

Photo by macaroni

毎日、お店のオーブンで焼き上げる、こだわりのパン。生地に北海道生まれの小麦「ゆめちから」を配合した、ホワイト・ウィート・セサミ・ハニーオーツのほか、モチモチ触感のフラットブレッドの全部で5種類あります。小麦本来の甘味や旨みが感じられるサブウェイのパンは、ひとつひとつの工程を丁寧にじっくり時間をかけて作られているんですよ。
そんな、5種類のパンがそれぞれどのようなものなのか、簡単にご紹介しますね。
【パンの種類】
1. ホワイト
どんな具材にもバッチリ合う、プレーンタイプのパンです。
2. ウィート
生地にビタミンやミネラルなどを含む、小麦胚芽を混ぜ合わせたパンです。
3. セサミ
「ホワイト」にゴマをトッピングした、香ばしさが特徴のパンです。
4. ハニーオーツ
「ウィート」にえん麦やはちみつ、大豆製品をトッピングした、食感が楽しいパンです。
5. フラットブレッド
もちもちしっとり、噛めば噛むほど小麦の旨みを堪能できるパンです。他のパンとは違う、食感と形をしています。
5種のパンのなかから迷ったら、「おすすめで」と言ってみましょう。サンドする具材に合わせて、おすすめパンをスタッフさんが選んでくれますよ。店内で食べるなら焼いてもらい、テイクアウトするなら焼かずに作ってもらいましょう。

サイズを選ぶ

出典:www.instagram.com

※画像は「フットロング」です。

サブウェイのサンドイッチは、「レギュラー」と「フットロング」と2種類のサイズから選びます。レギュラーのサイズが約15cm、フットロングが倍の約30cmです。価格も、フットロングはレギュラーの倍になります。
大人数でシェアする場合は、フットロングで注文してみましょう。巨大なサンドイッチのビジュアルに、パーティ時にきっと盛り上がるはずですよ。

ドレッシングソースを選ぶ

特集

SPECIAL CONTENTS