初心者でもあたふたしない!「サブウェイの注文方法」完全マニュアル

身近なファストフード店となった「サブウェイ」と言えば、オーダーをカスタマイズできるサンドイッチが有名ですよね。しかし、その注文方法が複雑な気がして、足が遠のいている方も少なくないはず。そこで今回、完全マニュアルとしてまとめてみました!

2019年2月20日 更新

ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

もう迷わない!サブウェイの注文

Photo by macaroni

身近で気軽なファストフードとして人気を誇る「SUB WAY(サブウェイ)」。その場で作りたてのサンドイッチを注文できて、手軽に野菜を摂れると評判になっており、今では店舗数も増えています。
その一方で、「注文の仕方がわからない」「どの組み合わせが美味しいの?」と、素朴な疑問や注文方法が分からず、足が遠のいている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、初心者さん必見!サブウェイの気になっていたいろんな疑問や、オーダー方法、カスタマイズ方法を伝授しちゃいます。

これで完璧!サブウェイの注文方法 〜初級編〜

サンドイッチを決める

Photo by Settawat Udom / Shutterstock, Inc.

まずは、メニューのなかからどのサンドイッチにするか決めましょう。定番のものから期間限定まで、さまざまな種類から決めるのも迷ってしまいそうです。ここは定番人気の「BLTサンド」や「えびアボカド」も良いですが、季節により期間限定メニューで旬のサンドイッチを楽しむのも良いかもしれません。

5種類のパンから選ぶ

Photo by macaroni

毎日、お店のオーブンで焼き上げる、こだわりのパン。生地に北海道生まれの小麦「ゆめちから」を配合した、ホワイト・ウィート・セサミ・ハニーオーツのほか、モチモチ触感のフラットブレッドの全部で5種類あります。小麦本来の甘味や旨みが感じられるサブウェイのパンは、ひとつひとつの工程を丁寧にじっくり時間をかけて作られているんですよ。
そんな、5種類のパンがそれぞれどのようなものなのか、簡単にご紹介しますね。
【パンの種類】
1. ホワイト どんな具材にもバッチリ合う、プレーンタイプのパンです。 2. ウィート 生地にビタミンやミネラルなどを含む、小麦胚芽を混ぜ合わせたパンです。 3. セサミ 「ホワイト」にゴマをトッピングした、香ばしさが特徴のパンです。 4. ハニーオーツ 「ウィート」にえん麦やはちみつ、大豆製品をトッピングした、食感が楽しいパンです。 5. フラットブレッド もちもちしっとり、噛めば噛むほど小麦の旨みを堪能できるパンです。他のパンとは違う、食感と形をしています。
5種のパンのなかから迷ったら、「おすすめで」と言ってみましょう。サンドする具材に合わせて、おすすめパンをスタッフさんが選んでくれますよ。店内で食べるなら焼いてもらい、テイクアウトするなら焼かずに作ってもらいましょう。

サイズを選ぶ

サブウェイのサンドイッチは、「レギュラー」と「フットロング」と2種類のサイズから選びます。レギュラーのサイズが約15cm、フットロングが倍の約30cmです。価格も、フットロングはレギュラーの倍になります。
大人数でシェアする場合は、フットロングで注文してみましょう。巨大なサンドイッチのビジュアルに、パーティ時にきっと盛り上がるはずですよ。

ドレッシングソースを選ぶ

味をさらに引き立ててくれる仕上げのドレッシングも、10種類から選べます。基本的にはメニューでおすすめしているドレッシングがあるのですが、お好みの量や種類に無料でカスタマイズできるんです!
辛いのがお好みの人は、いつものドレッシングにホットペッパー(パラペーニョ)を追加しても、もちろん無料。こちらも迷ったら店員さんに「おすすめで」と伝えれば、おいしいサンドイッチが完成します。
どんな種類のドレッシングがあるか、簡単にご紹介します。
【ドレッシングの種類】
1. オイル どんな具材にも合う、シンプルなオイルです。 2. ビネガー ぶどう果汁を原料にした、優しい酸味のお酢です。 3. シーザードレッシング チーズに黒コショウを加えた、コクとうま味が癖になるおいしさです。 4. 野菜クリーミードレッシング すりおろしたにんじん、たまねぎ、セロリ、トマト、ピーマンを合わせた、クリーミーな味わいのドレッシングです。 5. バルサミコソース バルサミコ酢に、赤ワインビネガーや炒め玉ねぎなどを加えた、甘味と酸味の一体感が絶妙なソースです。 6. ハニーマスタードソース はちみつの甘みとマスタードの刺激が楽しいソースです。 7. わさび醤油ソース すりおろしわさびと、醤油のソースです。意外にもサンドイッチと相性がいいので、試したことのない方はぜひ。 8. バジルソース 植物オイル、生バジル、ガーリック、食塩を使った、香り高い定番のソースです。 9. マヨネーズタイプ 一般的なマヨネーズより油分が少なめの、オリジナルマヨネーズです。 10. ホットペッパー 激辛の青とうがらし(ハラペーニョ)は、トッピングではなくドレッシングの区分なので、追加しても料金は無料です。

やってみたい!サブウェイの注文方法〜中級編〜

トッピングを追加

追加できる有料トッピングは、8種類。有料ですが、お手頃価格でいろいろと試せるのが嬉しいですね。野菜の量を聞かれるときにトッピングのことも聞かれることが多いので、そのタイミングで注文するのがベストです。
いったいどんなトッピングが用意されているのでしょうか?好きなものがあったら、ぜひ試してみてください!
【トッピングの種類】
1. ナチュラルスライスチーズ(2枚40円) クセがなく、マイルドな味わいです。 2. クリームタイプチーズ(90円) コクのある、ゴルゴンゾーラ入りのチーズです。 3. マスカルポーネチーズ(20g90円) 北海道産生乳を100%使用した、まろやかなチーズです。 4. たまご(1杯60円) 新鮮半熟のたまごを、ざっくりくずしたサラダです。 5. ベーコン(2枚60円) 豚バラ肉の、旨みたっぷりベーコンです。 6. ツナ(1杯80円) オニオン入りの、マイルドなツナです。 7. えび(5尾100円) ぷりぷり食感がクセになるえびです。 8. アボカド(35g100円) こだわりのメキシコ産アボカドをゴロゴロと入れてくれます。
Photos:9枚
サブウェイのカウンターの画像
サブウェイのパンメニューの画像
サブウェイのローストビーフが入ったサンドウィッチ
サブウェイの野菜がたっぷり入ったサンドウィッチ
サブウェイのホットドリンクとえびアボカドのサンドウィッチ
サブウェイのローストビーフのサンドウィッチ
サブウェイのセットメニュー
サブウェイのサンドイッチの画像
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS