ローディング中

Loading...

ワインをオーダーする際、よく耳にする「フルボディ」。聞いたことはあるものの、はっきりと意味は知らなかったりしますよね。ワインのフルボディってどういう意味?フルボディのおすすめワインは?今回は、フルボディワインについてまとめてみました。

ワインのフルボディって?

ワインの「フルボディ」ってご存じですか?なんとなく聞いたことはあっても、それが何を意味するのか、詳しくは分からないという方も多いかもしれません。

例えば、ワインの味を誰かに伝える際、「おいしい」「おいしくない」と言った主観的な表現だとうまく相手に伝わりませんよね。フルボディとは、ワインの味を客観的に伝えるための言葉で、ワインの「味わい」や「味の豊かさ」を伝えます。

一般的に赤ワインに対して用いられることが多く、タンニンやアルコール度数を表現しています。ご存じの通り、ボディとは英語で「体」を意味し、赤ワインを「男性的」「女性的」と人の体に例えたことからこのような表現が使われているそうです。

一方、白ワインやロゼでは「フルボディ」と言った表現はあまり使われず、「甘口」・「辛口」と表されることが多くなっています。こちらの方がフルボディより聞き馴染みがあるかもしれませんね。

なんで赤ワインにだけフルボディを使うの?

フルボディという表現がなぜ赤ワインにだけ使われるのかというと、ほとんどの赤ワインは甘みを含まないため白ワインのように辛口・甘口と表現できないからだそうです。また、赤ワインの味を決めるときに甘みだけでなく、渋味や酸味、コク、アルコール度数など様々な観点から判断することも理由のひとつといわれています。

「アルコール度数が高いからフルボディで高価なワイン」というわけではありませんが、一般的にフルボディワインは他のワインに比べてアルコール度数が高いほか渋みが強く、重い味わいであることが特徴です。

そもそもフルボディってどんな意味?

そもそもフルボディとは、どのような意味なのでしょうか。

英語圏ではワインの「フルボディ(full-bodied)」=密度の高いという意味で使われており、フルボディのワインは「濃厚な味」「コクがある」と捉えられています。ボディ=口の中で感じられるワインの重み・コクを表し、その強さの度合いを表しています。つまり、強いとフル、中間だとミディアム、薄いとライトとなり、日本では「濃厚な」「ふくよかな」「豊かな」という意味で使われています。

フルボディ以外のワインの種類は?

フルボディの意味についてご紹介しました。重みやコクのあるワインが好みの方にとっては、フルボディのワインは最適と言えますが、フルボディ以外のワインはあるのでしょうか。また、どのような特徴があるのでしょうか。

ミディアムボディ

フルとライトの中間に位置するワインのことで、ほどよいコクがあり、料理に合わせやすく飲みやすいワインです。フルボディのワインが脂身の多い肉料理や赤身魚などと相性がいいのに対して、ミディアムボディは脂身の多い魚介類やサッパリめの肉料理とよく合います。

赤ワインが飲みたいけどフルボディだとちょっとヘビー……でも白ワインやロゼでは料理に合わない、という場合に最適です。また、ビーフシチューや煮込み料理を作る場合に足すワインはこのミディアムボディがいいかもしれませんね。

ライトボディ

「軽い」「薄め」のワインで、渋みも少なく赤ワインビギナーがトライしやすいワインのことです。フルボディとは真逆で、タンニン量が少ないため色も薄く、グラスに注いだ時に向こう側が見える薄さです。アルコール度数も低く、11~12%ほどのものが多いので和食にもよく合います

しかし、ライトボディのワインが必ずしも色が薄いわけではなく、例外的にボジョレーのように色の濃いワインもあります。これらのワインは「マセラシオン・カルボニック」という特殊な手法を使って製造されており、ブドウの果皮から色素が出た後に、タンニンの抽出が本格化する前にマセラシオン(=醸し)をストップする方法で作られているため、軽やかで飲みやすいワインになるのだそうです。

おすすめのフルボディワイン

それでは、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の意味が分かったところで、次におすすめのフルボディワインをいくつかご紹介します。どれもインターネットで購入が可能ですよ。

アマリエ ナーエ・ドルンフェルダー(フルーティー系)

ドイツ産のワインで女性に人気の甘めの赤ワインです。ファルツのクロスター醸造所がナーエ地方で作っているもので、程よい酸味と優しい甘みが見事に調和したフルーティな味が特徴です。

渋みが少ないため、普段ワインを飲まない方でも芳醇な果実味を楽しめることでしょう。甘い赤ワインはなかなかないので、ぜひ試してみてくださいね。軽やかで飲みやすいため、飲み過ぎには注意です。オシャレなボトルには赤いハートがあしらわれているので、贈り物としてもおすすめですよ。

オーロラ・レセルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン(濃厚系)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

マンネリ打破!焼きそばのアレンジレシピ&おすすめトッピングでおいしさ倍増

焼きそば アレンジレシピ まとめ

いつもの焼きそばのソースや具をアレンジすると、おいしさが何倍にも広がります。調味料のちょい足しだけでも、まったく違う味が楽しめるんですよ。今回、調味料や具材をアレンジした焼きそばのレシピを15件ご紹介するので…

ほくほく「じゃがいもの味噌汁」のレシピ10選。どんな具材と合わせる?

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

簡単おしゃ見え!「鯛のカルパッチョ」のレシピ&ソース別アレンジ7選

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

マイナス30℃!寒すぎるロシアの暖まる料理4選

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

髪を強く・早く伸ばしたいときにおすすめの食材7選!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

夏バテで食欲がないときに☆胃に優しい食べ物のまとめ

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

豆のペーストをビーツで染めました♪簡単おしゃれな「ビーツ・フムス」のレシピ

レシピ おつまみ おしゃれ フムス

ひよこ豆とゴマペーストで作られる“フムス”。中東でよく食べられているペーストです。これに色鮮やかなビーツを加えたレシピをご紹介します。ビーツの甘味も癖になる、ワインにあうおしゃれおつまみ、作りませんか?…

セブンの「厚切りブリオッシュのフレンチトースト」が話題になってる♡

フレンチトースト スイーツ

セブンイレブンの「厚切りブリオッシュのフレンチトースト」がおいしいと話題になっています。ブリオッシュを北海道産生クリームの使用した卵液につけた、しっとり食感のフレンチトーストに仕上がっているそうです。アレンジ…

栄養満点でヘルシーな「シカ肉」が食べたい!東京都内のお店も紹介♪

東京 まとめ

「シカ肉」に今、注目が集まっているようです。その理由は健康食品といっても過言ではないといわれる栄養とヘルシーさ。あまり馴染みのないシカ肉にはどのような魅力が隠されているのでしょうか…?都内で食べられるお店も紹…

ページTOPに戻る