実食レポ!川崎『パンダエクスプレス』の人気メニューを食べつくし!

2016年11月25日に、アメリカンチャイニーズレストラン「PANDA EXPRESS(パンダ エクスプレス)」が、ラゾーナ川崎にグランドオープンしました。定番のオレンジチキンほか、日本でしか味わえない限定メニューもあるのでぜひ行ってみて!

パンダエクスプレスがラゾーナ川崎にグランドオープン!

2016年11月25日より、アメリカンチャイニーズレストラン「PANDA EXPRESS(パンダ エクスプレス)」の日本第1号店が、川崎ラゾーナにオープンします。かつて上陸していたが撤退し、この度再上陸を果たしました!アメリカンチャイニーズフードを日本人に知ってもらうために、味や提供の仕方をそのまま再現しているんだとか。
いったいどんなお店なの……?と気になっているあなたのために、ひと足お先にパンダエクスプレスの初店舗にお邪魔してきました!うふふ、ごめんなさいね。

パンダエクスプレスって?

カリフォルニア発祥のアメリカンチャイニーズレストラン

1983年にアメリカのカリフォルニアにて出店されたPANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)は、アメリカンチャイニーズの象徴として数多くのアメリカ人の舌を唸らせてきました。
また、新鮮な食材を使ったバラエティー豊富なメニューが特徴で、その人気ぶりは店舗数1,900を超えるほど。パンダエクスプレスは、若年層からファミリー層まで、幅広い層が楽しめるアメリカンチャイニーズレストランです。
また、ハリウッド映画や海外ドラマ、ディズニーのワンシーンでも度々登場するほど、映画の世界でも親しまれています。

新感覚のデリスタイル

日本ではなかなか味わえない、新感覚のチャイニーズデリスタイルを味わえるのも大きなポイントです。パンダエクスプレスでは、ガラス越しに見えるおかずや主食を選んで注文するスタイルから、夕飯のおかずにもうひと品、という場合に便利な単品注文まで可能です。
丼ぶりや、ワンプレートスタイルで注文すれば、おかずのソースがご飯や麺などの主食と馴染んで、さらにおいしさが増します。

自慢のこだわり

パンダエクスプレスは私たちにおいしい料理を提供するために、いくつかのこだわりがあるんです。例えばお米などの食材は国産がほとんどですが、現地でしか手に入らない調味料やソースは輸入するなど、本国の味を日本の皆さんに知ってもらうための工夫を惜しみません。
また、お客さんにできたてを提供するために、厨房の人たちは常に調理をし続けているというこだわりよう。これには驚きました。

パンダのロゴが目印!活気あるオープンキッチン

さて、お次は気になる店舗の様子をご紹介します。ラゾーナ川崎の1階にあるフードコートをうろうろしていると、なにやらとてつもなく存在感のある店舗がありました。「はじめまして僕はパンダエクスプレス!」と、まずは看板キャラクターのかわいいパンダがお出迎え。
いや〜さすが新店舗。ピカピカで清潔感がありますね。入り口にある大きなメニュー看板と、開放的なオープンキッチンから漂う芳ばしい香りが、通りがかりの人たちを誘惑します。オープン日を勘違いした人が残念そうな顔をして帰っていく様子は、それはそれは悲しかったです。
ショーケースには、おいしそうなアメリカンチャイニーズフードがずらり!ありそうでなかった、新感覚のチャイニーズデリスタイルでメニューを選んでいきます。日本では珍しい、ボウル(丼ぶり)やワンプレートでの盛り付けなので、さまざまな料理の味が絡み合っておいしいんですよ。
これらの料理を提供してくれるのは、厨房のこの方たち。手を動かし続けて三千里……お疲れ様です。
また、スタッフさんが持っている中華鍋は、強い火力が出る特注のものなんだとか。本格的なアメリカンチャイニーズフードを提供できるのも、納得ですね。料理を見て家庭で再現できると思った私がバカでした……。
温かい笑顔で出迎えてくれたのは、米国の代表アンドリューさん。「まずは当店自慢の料理を召し上がれ!」と言って、私たちに注文の仕方やおすすめメニューなどを手取り足取り教えてくれました。この方がいなかったら、パンダエクスプレスはなかったのかもしれない……と考えたら、つい拝んでしまいました。

さっそく注文してみることに

特集

SPECIAL CONTENTS