レンジでチン!にラップは必要?不要?ラップのメリット・デメリット

レンジでチンする時、ラップをかけたほうがいいのか、かけなくていいのか迷うことはありませんか?ラップの有無でおいしさも変わるというその理由なんなのでしょうか。ラップのことはいまいちだった人も、その必要性や役割がわかるはず!

レンジでチンする時、ラップは必要?

これってラップいるのかな?レンジでチンする前に、一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
「レンジでチン!」は手軽で便利ということもあり、温めなおしをはじめ、料理の下ごしらえなどにも利用する機会が多いもの。レンジといったらラップ!と連想してしまいがちなラップですが、ラップをしたほうがおいしく食べられる食品と、ラップをしないほうがおいしく食べられる食品があるのです。
レンジの仕組みとラップの役割がわかると、ラップをしたほうがいいのか、しなくていいのか、判断がすぐにつくようになります。ラップをかけることのメリットやデメリット、注意点やおいしく食べるためのラップのかけ方をご紹介します。

ラップが必要なのはなぜ?

加熱の効率がアップする!

そもそも、レンジで加熱というのはどういうことなのでしょうか。
電子レンジのマイクロ波加熱というのは、波長の短いマイクロ波をつかい、食品を加熱させる方法です。マイクロ波で食品に含まれる水分を振動させ、摩擦熱を発生させるのです。水分を多く含む食品ほど、温まりやすくなります。
ラップには、鍋のふたと同じように温度を上がりやすくする、熱を通りやすくする、水分が蒸発しにくいといった働きを持っています。
鍋と違う点は、レンジで加熱をすると、食品の水分は短時間で蒸気になるということ。鍋をつかうより調理時間は短くなりますが、ラップをしなければ水分がとんでしまい、せっかくの短時間加熱も意味がありません。

水分や香りを逃がさない!

ラップをかけるメリットのなかで、一番ともいえる効果が「水分を逃がさないこと」です。レンジで食品を加熱すると、水蒸気が発生します。ラップをしていることで水分が逃げるのを防いでいるのです。
また、水蒸気がラップ内にたまることで、食品を蒸らす効果も生まれます。加熱後、しばらくラップをかけたままにしておくと、予熱で蒸らすことができます。この蒸らす効果は、チンする時間が短くなるためエコでもあるのです。
水分と同時に、ラップをかけておくと香りも逃げません。香りは人間の本能と深く関わっているといわれており、食品のおいしい香りは食欲を増進する効果があります。おいしく食べるためにも、香りを閉じ込めておけるラップがけはおすすめです。

におい移りしない、汚れにくい!

おいしい香りはよいものですが、いつまでもレンジ庫内ににおいが残ってしまうのは困り者です。一度ついてしまったにおいは数日とれないため、レンジをつかうたびに、ため息をついてしまうことに。
おいしい香りを閉じ込めることは、レンジ庫内ににおいを移さないことでもあります。また、チンして扉を開けた途端、レンジ庫内が汚れていてがっかり、なんてことありませんか。ラップをすればとび散りを抑えられ、庫内もきれいなまま。食事の前に、レンジ庫内を拭くこともありません。
電子レンジはマイクロ波を反射させて食品を温めます。庫内に汚れが残っていると、加熱効果が下がってしまうので、汚れのない状態がベストです。食事の前に拭き掃除しなければならないのは、ちょっとしたストレスです。食品をおいしくするだけでなく、気持ちよく食事をするためにも、ラップはひと役買っています。

ラップをかけないほうがいい場合って?

ラップは食品の水分を保つことが主な役割です。そのため、水分をとばしたほうがよい食品、天ぷらや揚げ物、焼き魚などはラップをしないほうがおいしく食べられます。これらの食品はラップをすると水分をとばすことができず、衣についてしまい、べちゃべちゃした食感になってしまいます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう