スタバのタンブラーはこぼれない♩お気に入りコーヒーをオフィスへ持って行こう

様々なデザインが人気のスターバックスのタンブラー。出勤前や移動中にスターバックスに寄ってマイタンブラーにドリンクを入れるという方も多いでしょうか。便利なタンブラーだけれど、こぼれてしまいそうでカバンの中には入れられないと思っていませんか?

2018年8月29日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

どこにでも持っていけるスタバのタンブラー

季節ごとや、ご当地デザインなど、コレクターも多いスターバックスコーヒーのタンブラー。みなさんの中にも「毎日使ってますよ」という人も多いのでは。マグカップの代わりに使うだけでなく、ランチの時にスープを入れる容器として活用するなど、ドリンクを飲む以外にも様々なシーンに利用できて、便利ですよね。
おしゃれなデザインは、持っているだけでもスタイリッシュ。スタバのタンブラーは、コーヒー好きはもちろん、おしゃれな小物好きな人のアイテムのひとつでもありますよね。お気に入りのタンブラーは仕事場のデスクで使ったり、好きな場所に持って行ったりしたいもの。
でもコーヒーを入れたまま移動中のバッグに入れるのは、こぼれないか心配になったことはありませんか?今回はそんなスターバックスのコーヒータンブラーについて調べてみましたよ。

スタバのタンブラーはこぼれない?

こぼれることを心配して手で持ち歩く人も多いと思いますが、スターバックスのタンブラーは種類にもよりますが、フタがしっかりと締まるタイプのタンブラーなら基本的には中身がこぼれる心配はないんですよ。フタをきちっと閉めて、バッグに立てた状態で入れれば、多少の衝撃ではドリンクがこぼれることはありません。

なんでこぼれないの?

基本的にはこぼれないものが多いのですが、中にはこぼれてしまうものも。その違いは、パッキンがついているか否かです。スターバックスのタンブラーには全てにパッキンがついているわけではないので、チェックが必要な部分です。
スターバックスのシンボルがデザインされた定番の「ロゴタンブラー」は、パッキンがついている種類のタンブラー。うっかり横に倒してしまっても中身がこぼれにくい造りになっています。タンブラーをバッグに入れて持ち運ぶことが多い人は、パッキン付きのタンブラーや、フタがしっかり閉まる水筒タイプのタンブラーがおすすめです。

でも注意が必要

パッキン付きのものやフタをしっかり閉めているものでも、激しく揺らせば、中身がこぼれてしまうこともあります。過度な衝撃が加わらないように注意が必要です。また、お店で中身を飲みきった場合は、お願いすればタンブラーを軽くすすいでもらえます。すすいでから持ち運べば、わずかに残ったドリンクでバッグが汚れる心配もありませんよ。

タンブラーの種類

ステンレス

スターバックスコーヒーの主なタンブラーには、ステンレス製とプラスチック製の2種類があります。保温性に優れているステンレス製のタンブラーは、長時間温度を保つことができます。冷たい飲物を入れていても中の温度が保たれるので、長時間おいしい温度でドリンクを楽しむことができます。
プラスチック製よりもややお値段が高めですが、汚れやにおいがつきにくいので、清潔に長く使いたい人におすすめです。

プラスチック

プラスチック製のタンブラーは軽くて持ち運びしやすいのが特徴。価格的にもステンレス製に比べるとお手軽です。ステンレス製よりもカラーやデザインが豊富なものがたくさんあるため、プラスチック製のコレクターは多いようですね。
ステンレス製ほど保温機能は高くありませんが、1時間くらいであればプラスチック製タンブラーも、淹れたてに近い温度でおいしく飲むことができます。また、プラスチック製のタンブラーは表面に入って紙を入れ変えられます。気分を変えたい時には違ったデザインのものに入れ替えるのもたのしいポイント。
Photos:5枚
なんでこぼれるのか
こぼれないように注意が必要
こぼれないタイプのスターバックスのタンブラー
こぼれないタイプのスターバックスのタンブラー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS