イギリスの老舗高級紅茶専門ブランド「ウィリアムソンティー」の像パッケージがかわいい

美味しい紅茶を日々探しているあなたでもこのパッケージを目にしたら、ちょっと飲んでみたいと思うのではないでしょうか。像のパッケージがかわいいイギリスで有名な「ウィリアムソンティー」が日本でも手軽に購入できるみたいですよ。

アパレルメーカー・雑貨メーカーと小売店を繋ぐ卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」で販売されている、イギリスの老舗高級紅茶専門ブランド「ウィリアムソンティー」がかわいかったのでご紹介。

イギリスのお土産の定番にもなっている「ウィリアムソンティー」

「ウィリアムソンティー」ってどんな紅茶なの?
ウイリアムソン紅茶は140年という長い歴史と経験を持つ家族経営の会社です。 すべての紅茶はケニアの直営農場で丁寧に育てられ、茶葉からカップに注がれるまですべてを管理し、品質の高さを保っています。

出典: williamsontea.shop-pro.jp

ウィリアムソンの紅茶のいいところは、味だけではないんです。早い時期からフェア・トレードを実行、環境にとっても配慮した経営をしているやさしい会社。アフリカの太陽をたくさん浴びたここのお茶は私の一押し!濃くしてリッチなミルクティーで飲むにはブレックファースト・ティー。香りを楽しみながらもしっかりした紅茶が好みならアール・グレーがおすすめ。

出典: london.navi.com

ケニアとは意外でしたね。
濃くしてリッチなミルクティー。
美味しそうです。
そして、その「ウィリアムソンティー」のパッケージがこちら♡
かわいい♡
ピンクからイギリス国旗カラーに、ホワイトカラーなど、アールグレイを中心にパッケージもいろいろ。
お求めは、スーパーデリバリーでの販売ページへ。
実際に飲まれている方のブログもご紹介。

最後に紅茶の入れ方「ゴールデンルール」を簡単にご紹介

古くから言い習わされてきたゴールデンルールを科学的に検証したものが、こちらの10項目。
① 沸かしたての酸素を失っていないお湯を用いる。
② 硬水の使用は避ける。
③ 良質のリーフティーを用いる。
④ 1杯に2gを目安にたっぷりと茶葉を使う。
⑤ 高温を保って入れるため、ポットをよく温める。
⑥ 3~4分蒸らして抽出する。
⑦ プラスチックのカップは用いない。
⑧ ミルクはお茶よりも先に冷たいまま入れる。
⑨ 砂糖は最後に加える。
⑩ 60~65℃ぐらいが飲み頃。
※各項目ともに科学的な根拠が示されているだけではなく、⑤の項目では、最善の方法はポットに4分の1量ほどの水を入れ、電子レンジで1分加熱するとよい、というような現代的な方法が具体的に提案されています。


以上、おいしく素敵なお茶の時間を過ごしてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS