ローディング中

Loading...

川や沼、湖に多いブラックバス。実は、調理の工夫しだいでけっこうおいしく食べられるって知ってましたか?どうやったらおいしく食べられるのか、調理方法や食べ方をご紹介!臭くてマズイと言われる淡水魚の印象ががらりと変わるかもしれません。

え、ブラックバスって食べられるの!?

主に湖などの淡水に生息するブラックバス。釣り好きな人の中には、バス釣りを趣味にする人も多いようですよね。ブラックバスは体格が大きく肉付きのよい魚ですが、食べるには適さない魚という印象が多いよう。しかし、食べてみたら「意外とおいしい!」という感想が最近増えているんだとか。

釣ったそばから調理したり、持って帰ってじっくり料理したりと、楽しみ方はさまざま。ブラックバスがどのようにして食べられているのか、またおすすめのレシピ、おいしいブラックバスが食べられるスポットもご紹介します。

ブラックバスっておいしいの?

アユやイワナ、鯉など、よく食べられている淡水魚は多くありますが、いずれもちょっと臭いが気になるという感想を持っている方も多いのでは。ブラックバスも同じく淡水魚ですが、はたして本当においしいのでしょうか。

実際に食べたことのある人によると、同じ料理でもおいしいと言う人もいれば、やはり臭くて食べられないという人もあり、その感想は賛否両論。しかし例えば、塩焼き、燻製、唐揚げなど、バスを釣った後、さまざまな料理に挑戦してその味が試されているようですよ。

スズキ目のブラックバスは、実際に食べてみると、白身魚の特徴的な淡白であっさりした味だといいます。内臓などを取り除いて調理したものは、さっぱりとおいしく食べられるという感想も多くあり、火をしっかりと通し、濃いめの味付けをしたお料理の評判は悪くありません。

ブラックバスの下処理の仕方

淡水魚はなぜくさいのか?

アユやイワナを始め、淡水魚が臭みが強いと言われているのはなぜでしょう。海水魚と異なり、淡水魚は、内臓や頭までまるごと食べるものが多いためそう感じることが多いようです。また、清流で育った淡水魚は濁った水で育った魚よりも、比較的臭いが少ないと言われます。いずれにしても、内臓やウロコ、頭も取り調理することがポイントのようですね。

ブラックバスの臭みを取るには

ブラックバスは、腹部の浮き袋の付け根にある厚い脂肪の部分に臭みの元があるといわれ、皮を剥がして、この脂肪の部分をしっかり取り除けば、臭みを取り除くことができます。また、きれいな水に入れて、泥抜きも行うことで、さらに臭みは軽減しますよ。

ブラックバスの下処理手順

1 ウロコをウロコ落としなどでしっかり落とし、きれいに全体を洗い流します。

2 次に頭を切り落としますが、まず胸ビレの後ろに包丁を突き立て中骨を断ち切り、腹側の方にも包丁を刺しますが、内臓を傷つけないように切り込みをいれて、頭をねじって内臓ごと引っ張り出すように頭を外します。

3 身を3枚におろすために、まずは片側の背の方から包丁をいれて中骨まで切れ込みを入れ、腹側も同様に中骨まで切れ込みを入れます。その後料理バサミを使い、身を切り離します。

4 逆側の身も同様に切り離し、左右の身を骨から切り離し3枚にします。

5 腹部の浮き袋周辺の脂身は、フライや天ぷらにする場合は肋骨と一緒にすきとり、煮付や焼き魚にする場合はウロコ落としなどを使ってこすり落とすとよいでしょう。

6 皮は、柳刃包丁などを使ってはぎとります。ブラックバスの大きさが30cm以下であれば臭いがないことも多いようですが、気になる人ははぎとってください。

7 フライや天ぷら用にする場合、身は中骨のあった位置にある血合い骨を取り除いて下処理は完了です。

ブラックバスのおすすめレシピ ×2

1 ブラックバスのムニエル

おうちでもブラックバスの料理に挑戦できます。ブラックバスのムニエルは、まずはブラックバスの汚れを水で洗い流し、バス全体を小麦粉で包みます。臭いの元となる粘液を吸収するためそのまま5分。

臭みを吸収させた後、小麦粉がついたままウロコを取り、下処理をしたら、三枚におろし、塩こしょうをして小麦粉をまぶします。皮が縮まないように切れ目を入れたブラックバスを、フライパンで皮側から焼きます。こんがりと焼けたら完成です。

2 ブラックバスのフィッシュ&チップス

下処理をしたバスに軽く塩こしょうをします。衣にバスをまぶし、180度の高温の油で両面カラっと揚げます。同じ衣で玉ねぎも揚げます。じゃがいに片栗粉と小麦粉をまぶし、高温で揚げたら、器に盛ってケチャップやお好みのソースを添えて完成です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

秋の食卓に新星!熟し方で変わる「柿のサラダ」レシピ10選

サラダ フルーツ レシピ まとめ

秋といえば柿!こっくりとした甘みが特徴です。そのまま切って食べてもおいしいですが、実は料理にもとても重宝する果物なのです。まずは手始めにサラダから。この秋はおやつやデザートだけではなく、ぜひ酒の肴や副菜にも活…

もっちり「トッポギ」の人気レシピ13選!本格韓国料理をお手軽に◎

アレンジレシピ 韓国料理 レシピ まとめ

定番かつ人気の韓国料理「トッポギ」。実は、自宅で簡単に作ることができるんです!甘辛いタレでいただくイメージが強いですが、どんな味付けにも合う優れもの◎ スイーツにも変身するんですよ。今回は、そんなトッポギの基…

スイートポテトの基本レシピをプロが伝授!レンジ&トースターでも本格味♩

スイートポテト さつまいも スイーツ おやつ レシピ

さつまいもの人気スイーツ「スイートポテト」を、レンジとトースターを使って簡単に作ってみませんか?生クリームを使った基本のレシピやプロの味に近づけるコツ、いろんなアレンジをご紹介します。まったりと甘く口当たり滑…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

タルタルソースの「タルタル」って何? 想像の斜め上をいく「料理名の意外すぎる由来」7選

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

こんなに違うの!? 世界のお正月料理まとめ

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

簡単なのに美味しい!「紙パックゼリー」がツイッターなどで話題沸騰中

ゼリー レシピ

コンビニやスーパーに売っている紙パックジュースで、簡単にゼリーができるとツイッターなどで話題になっています。作り方はとっても簡単で、好きなジュースにゼラチンを加えるだけ!紙パックごとダイナミックに作ってみませ…

アメリカのかぼちゃ!「バターナッツスクワッシュ」おすすめレシピ7選

アメリカ かぼちゃ スープ レシピ まとめ

アメリカやイギリスではよくある「バターナッツスクワッシュ」を使って料理を作りませんか?かぼちゃの一種ですが、日本のものとはちょっと違ってさっぱりした味なんですって。おすすめレシピをご紹介しますので作ってみてく…

ためしてガッテンで紹介!酒粕を使った「マシュマロの粕漬け」がおいしいって本当?

マシュマロ

テレビ番組『ためしてガッテン』で紹介された「マシュマロの粕漬け」が、SNSなどで話題になっています。おいしさが増し、濃厚な味わいを楽しめるようになるのだとか!食べた人がもれなく絶賛するという「マシュマロの粕漬…

ページTOPに戻る