ローディング中

Loading...

日本人にはおなじみのわさびですが、わさびの辛さを英語で表現するなら、どんな風に言えばいい? すごくホットで刺激的!でもそれだけじゃない、鼻の奥にツンとくるあの独特の辛さを、さあ、イングリッシュプリーズ!

鼻にツーンとくるものと言えば……

それは、間違いなく「わさび」!日本人ならすぐに分かる、あのわさびのツンと鼻にくる感じ……。口にすると、ときには涙が出てしまうほどの強い刺激と香りがあるものですよね。

お寿司やお刺身に欠かせないわさびですが、このニュアンス、外国人に伝えるとしたら?さて、一体どんな風に表現したらよいのでしょうか?

まずはわさびについて知っておきたい

わさびを英語で。その前に、日本語で説明できなくちゃ!そもそも私たちがよく食べているわさびって、どんなものなの?

わさびは食用植物

アブラナ科ワサビ属の食用植物であるワサビ(山葵)。 強い刺激性のある独特の香辛料として、その香りと味を楽しめるほか、古くは薬草として、また抗菌効果もあることから、消臭や食中毒の予防にも用いられてきました。

栄養素には、ビタミンCやカリウム、カルシウム、アリルイ、ソチオシアネートを含んでいます。水の中で育つものが「水わさび」や「沢わさび」と、畑で育つものが「畑わさび」や「陸わさび」と呼ばれています。主に生食用には水わさびを、わさび漬けなどには畑わさびが使われているんですよ。

産地や旬は?

日本原産のわさび。島根県益田市、長野県安曇野市、静岡県静岡市が、日本三大のわさび産地として知られています。本来、山間の渓流に自生していたものですが、江戸時代に静岡で栽培がはじまりました。握りずしにわさびを付けるようになったのも、江戸時代からなのだそう。

通年おいしく食べることができますが、もっとも辛味を増すのは冬に収穫されたものなんですよ。すりおろして使うのは根茎の部分。葉や花の部分は佃煮などに、と、残さず食べることができます。

英語でも「Wasabi」でOK?

Wasabiでちゃんと通じちゃいます!

まず、わさびそのものについては、「Wasabi」あるいは「Wasabi Mustard(ワサビ マスタード)」で、一般的に通じるようです。わさびは、「Sushi(寿司)」や「Tofu(豆腐)」などに並んで、有名な日本の食材のひとつ。寿司を知っている外国の人なら、もれなくWasabiも通じると思っていいでしょう。

西洋Wasabiがあるんです

また実は、東ヨーロッパ原産の西洋わさび「horse radish(ホースラディッシュ)」があります。わさびと同じアブラナ科の食用植物で、日本では主に北海道で栽培されています。西洋だいこんとも呼ばれて、粉わさびやチューブタイプわさびの原料に使われています。もちろんわさびと同様にすりおろしなどで食べることができますし、ローストビーフによく合うのがこの西洋わさび。

Wasabi以外の英語の表現として、「Green horseradish paste(グリーン ホースラディッシュ ペースト)」や「Japanese horseradish(ジャパニーズ ホースラディッシュ)」も知っておくといいかもしれませんね。

「つーんとする辛さ」を英語で表現するなら?

「Wow!Hot!」「Spicy!」
外国の人がわさびを口にしたときには思わず、こんな風に声に出すことが多いようです。

「ぴりっと辛い!」というニュアンスでいくと合っている気がしますが、わさび独特の「鼻にツン」とはやっぱり微妙に異なる感じ……。

たとえば「鼻に刺激」を英語で言うと、「Irritation to the nose.」。「刺激する」という表現に変えて、「stimulate the nose.」という具合。

「Wasabi has the hot flavor to stimulate the nose.」で「わさびは鼻を刺激する辛みがある」という意味に。ほかに「burn the nose (鼻が焼ける)」や「Wasabi Kick!(わさびに鼻を蹴られた(やられた)!)」なんていう表現も。わさびを食べたときに、ジェスチャー付きでこんな風に言えば、「鼻にツンときてる!」を伝えることができそうです!

新語「Wasaby」って!?

わさびの辛さを表現しきれなくて、日本好きの外国人の間では、わさびの辛さを「Wasaby」と言うのだとか!一般的ではないものの、この形容詞はなかなかユニークですよね。

ちなみにマスタードや香辛料の辛さについては、やはり「Hot」や「Spicy」と表現されることが多いようです。山椒の「舌にぴりりと刺激」がある辛さなら、「sharp on the tongue」などと表現されています。

ちなみに、「大将!さび抜きで!」はなんて言う?

わさびを入れないで欲しいことをごくシンプルに伝えたいなら、「Wasabi-free, please.」や「Without Wasabi, please.」で通じます。また、嫌いなものを料理に入れて欲しくないときに使う「Hold」で、「Will you hold wasabi?」なんていう伝え方もありますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

毎日食べてもおいしくて飽きないウインナー。どんな焼き方をするとおいしいウインナーに仕上がるのでしょうか?じつは茹でた後の油がポイントなんです!今回は、フライパンやオーブントースターを使ったおいしい焼き方をご紹…

パスタ 〆ご飯 おつまみ

お酒をしこたま飲んだあとは、〆に麺類を食べたくなるもの。でも、しっかり一人前は重たすぎる……そんな時にオススメしたいのが、わさびパスタ。具はシンプルにアボカドだけ!わさびのツンとくる辛さがたまりません!…

レシピ ハム まとめ

日本の食卓で日常的に使用されているロースハム。ロースハムとボンレスハムの違いって何だかおわかりですか?今回は、ボンレスハムに注目し、ロースハムとの違い、おすすめの食べ方、人気レシピまで詳しくご紹介します!

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

m00

ご飯は毎食、残さず食べます!

ページTOPに戻る