ローディング中

Loading...

日本人にはおなじみのわさびですが、わさびの辛さを英語で表現するなら、どんな風に言えばいい? すごくホットで刺激的!でもそれだけじゃない、鼻の奥にツンとくるあの独特の辛さを、さあ、イングリッシュプリーズ!

鼻にツーンとくるものと言えば……

それは、間違いなく「わさび」!日本人ならすぐに分かる、あのわさびのツンと鼻にくる感じ……。口にすると、ときには涙が出てしまうほどの強い刺激と香りがあるものですよね。

お寿司やお刺身に欠かせないわさびですが、このニュアンス、外国人に伝えるとしたら?さて、一体どんな風に表現したらよいのでしょうか?

まずはわさびについて知っておきたい

わさびを英語で。その前に、日本語で説明できなくちゃ!そもそも私たちがよく食べているわさびって、どんなものなの?

わさびは食用植物

アブラナ科ワサビ属の食用植物であるワサビ(山葵)。 強い刺激性のある独特の香辛料として、その香りと味を楽しめるほか、古くは薬草として、また抗菌効果もあることから、消臭や食中毒の予防にも用いられてきました。

栄養素には、ビタミンCやカリウム、カルシウム、アリルイ、ソチオシアネートを含んでいます。水の中で育つものが「水わさび」や「沢わさび」と、畑で育つものが「畑わさび」や「陸わさび」と呼ばれています。主に生食用には水わさびを、わさび漬けなどには畑わさびが使われているんですよ。

産地や旬は?

日本原産のわさび。島根県益田市、長野県安曇野市、静岡県静岡市が、日本三大のわさび産地として知られています。本来、山間の渓流に自生していたものですが、江戸時代に静岡で栽培がはじまりました。握りずしにわさびを付けるようになったのも、江戸時代からなのだそう。

通年おいしく食べることができますが、もっとも辛味を増すのは冬に収穫されたものなんですよ。すりおろして使うのは根茎の部分。葉や花の部分は佃煮などに、と、残さず食べることができます。

英語でも「Wasabi」でOK?

Wasabiでちゃんと通じちゃいます!

まず、わさびそのものについては、「Wasabi」あるいは「Wasabi Mustard(ワサビ マスタード)」で、一般的に通じるようです。わさびは、「Sushi(寿司)」や「Tofu(豆腐)」などに並んで、有名な日本の食材のひとつ。寿司を知っている外国の人なら、もれなくWasabiも通じると思っていいでしょう。

西洋Wasabiがあるんです

また実は、東ヨーロッパ原産の西洋わさび「horse radish(ホースラディッシュ)」があります。わさびと同じアブラナ科の食用植物で、日本では主に北海道で栽培されています。西洋だいこんとも呼ばれて、粉わさびやチューブタイプわさびの原料に使われています。もちろんわさびと同様にすりおろしなどで食べることができますし、ローストビーフによく合うのがこの西洋わさび。

Wasabi以外の英語の表現として、「Green horseradish paste(グリーン ホースラディッシュ ペースト)」や「Japanese horseradish(ジャパニーズ ホースラディッシュ)」も知っておくといいかもしれませんね。

「つーんとする辛さ」を英語で表現するなら?

「Wow!Hot!」「Spicy!」
外国の人がわさびを口にしたときには思わず、こんな風に声に出すことが多いようです。

「ぴりっと辛い!」というニュアンスでいくと合っている気がしますが、わさび独特の「鼻にツン」とはやっぱり微妙に異なる感じ……。

たとえば「鼻に刺激」を英語で言うと、「Irritation to the nose.」。「刺激する」という表現に変えて、「stimulate the nose.」という具合。

「Wasabi has the hot flavor to stimulate the nose.」で「わさびは鼻を刺激する辛みがある」という意味に。ほかに「burn the nose (鼻が焼ける)」や「Wasabi Kick!(わさびに鼻を蹴られた(やられた)!)」なんていう表現も。わさびを食べたときに、ジェスチャー付きでこんな風に言えば、「鼻にツンときてる!」を伝えることができそうです!

新語「Wasaby」って!?

わさびの辛さを表現しきれなくて、日本好きの外国人の間では、わさびの辛さを「Wasaby」と言うのだとか!一般的ではないものの、この形容詞はなかなかユニークですよね。

ちなみにマスタードや香辛料の辛さについては、やはり「Hot」や「Spicy」と表現されることが多いようです。山椒の「舌にぴりりと刺激」がある辛さなら、「sharp on the tongue」などと表現されています。

ちなみに、「大将!さび抜きで!」はなんて言う?

わさびを入れないで欲しいことをごくシンプルに伝えたいなら、「Wasabi-free, please.」や「Without Wasabi, please.」で通じます。また、嫌いなものを料理に入れて欲しくないときに使う「Hold」で、「Will you hold wasabi?」なんていう伝え方もありますよ。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【東京】ダイエット女子必見★カロリーが気にならない・ノーミートヘルシーバーガー登場♪

ダイエット女子の強い味方、ヘルシーフード。今回はなんと、肉を使わないのに美味しいノーミートバーガーをご紹介!おしゃれスポット「表参道」「広尾」にそんなありがたや〜な店はあります♡ご賞味あれ!

おすすめ!お得な100円でおいしい素晴らしいローソンのスイーツたち

100円あったら〇〇へ行こう。今、100ローソンがあつい!バラエティに富んだ品揃えでおやつに、夕飯の後のデザートに。会社帰りに立ち寄ってみては?

目指せBBQマスター!今年とりたい注目のモテ資格『バーベキュー検定』

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人…

ピノアーモンド味ってそんなに人気あったんだ!?ピノが異例のファンサイト展開!!

個人的にピノは好きで、よく買っています。時に星の形をしたピノだったり、ハートのピノが出るなどしてツイッターでつぶやいた経験もあります♪でもしかし、ピノのバラエティーパックなどを買った経験はあるけどもアーモンド…

【武蔵小山】パン一筋26年!全国のパン職人が憧れる根本孝幸氏の”ネモベーカリー”「チキンカツサンド」は食べておきたい逸品

3月22日放送のTBS系列「知っとこ」で紹介されていた・武蔵小山にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」 オーナーの根本孝幸氏はオーバカナルやアトリエ・ド・リーヴ等の有名ベーカリーのシェフを歴任してきた全国のパン職…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

外出のついでに!ちょっと幸せになれちゃう赤羽のランチ店13選

赤羽といえばリーズナブルでおいしい飲み屋さんがたくさんある街ですが、ランチの名店も多いってご存知でしたか?ひとりでふらっと立ち寄るのも、お友だちとのおしゃべりをするのにもぴったりなお店を13店ご紹介します。お…

おしゃれにくつろぎたい!津田沼のおすすめランチ12選

千葉県の津田沼でランチが人気のお店を12店ご紹介します。おしゃれカフェから食べ放題バイキングまで、幅広いジャンルで女子会やママランチにもおすすめのお店をご紹介するので参考にしてみてくださいね。これでもう、津田…

アイス好きにはたまらない!ハーシーズの「アメリカンクッキーサンド」が登場

新発売のハーシーズの「アメリカンクッキーサンド」がおいしいとさっそく話題になっています。チョコレートを上からかけた厚焼きクッキーで、チョコアイスをサンド!チョコレートの上品な味わいとボリューム感もあるスイーツ…

ページTOPに戻る