ローディング中

Loading...

日本人にはおなじみのわさびですが、わさびの辛さを英語で表現するなら、どんな風に言えばいい? すごくホットで刺激的!でもそれだけじゃない、鼻の奥にツンとくるあの独特の辛さを、さあ、イングリッシュプリーズ!

鼻にツーンとくるものと言えば……

それは、間違いなく「わさび」!日本人ならすぐに分かる、あのわさびのツンと鼻にくる感じ……。口にすると、ときには涙が出てしまうほどの強い刺激と香りがあるものですよね。

お寿司やお刺身に欠かせないわさびですが、このニュアンス、外国人に伝えるとしたら?さて、一体どんな風に表現したらよいのでしょうか?

まずはわさびについて知っておきたい

わさびを英語で。その前に、日本語で説明できなくちゃ!そもそも私たちがよく食べているわさびって、どんなものなの?

わさびは食用植物

アブラナ科ワサビ属の食用植物であるワサビ(山葵)。 強い刺激性のある独特の香辛料として、その香りと味を楽しめるほか、古くは薬草として、また抗菌効果もあることから、消臭や食中毒の予防にも用いられてきました。

栄養素には、ビタミンCやカリウム、カルシウム、アリルイ、ソチオシアネートを含んでいます。水の中で育つものが「水わさび」や「沢わさび」と、畑で育つものが「畑わさび」や「陸わさび」と呼ばれています。主に生食用には水わさびを、わさび漬けなどには畑わさびが使われているんですよ。

産地や旬は?

日本原産のわさび。島根県益田市、長野県安曇野市、静岡県静岡市が、日本三大のわさび産地として知られています。本来、山間の渓流に自生していたものですが、江戸時代に静岡で栽培がはじまりました。握りずしにわさびを付けるようになったのも、江戸時代からなのだそう。

通年おいしく食べることができますが、もっとも辛味を増すのは冬に収穫されたものなんですよ。すりおろして使うのは根茎の部分。葉や花の部分は佃煮などに、と、残さず食べることができます。

英語でも「Wasabi」でOK?

Wasabiでちゃんと通じちゃいます!

まず、わさびそのものについては、「Wasabi」あるいは「Wasabi Mustard(ワサビ マスタード)」で、一般的に通じるようです。わさびは、「Sushi(寿司)」や「Tofu(豆腐)」などに並んで、有名な日本の食材のひとつ。寿司を知っている外国の人なら、もれなくWasabiも通じると思っていいでしょう。

西洋Wasabiがあるんです

また実は、東ヨーロッパ原産の西洋わさび「horse radish(ホースラディッシュ)」があります。わさびと同じアブラナ科の食用植物で、日本では主に北海道で栽培されています。西洋だいこんとも呼ばれて、粉わさびやチューブタイプわさびの原料に使われています。もちろんわさびと同様にすりおろしなどで食べることができますし、ローストビーフによく合うのがこの西洋わさび。

Wasabi以外の英語の表現として、「Green horseradish paste(グリーン ホースラディッシュ ペースト)」や「Japanese horseradish(ジャパニーズ ホースラディッシュ)」も知っておくといいかもしれませんね。

「つーんとする辛さ」を英語で表現するなら?

「Wow!Hot!」「Spicy!」
外国の人がわさびを口にしたときには思わず、こんな風に声に出すことが多いようです。

「ぴりっと辛い!」というニュアンスでいくと合っている気がしますが、わさび独特の「鼻にツン」とはやっぱり微妙に異なる感じ……。

たとえば「鼻に刺激」を英語で言うと、「Irritation to the nose.」。「刺激する」という表現に変えて、「stimulate the nose.」という具合。

「Wasabi has the hot flavor to stimulate the nose.」で「わさびは鼻を刺激する辛みがある」という意味に。ほかに「burn the nose (鼻が焼ける)」や「Wasabi Kick!(わさびに鼻を蹴られた(やられた)!)」なんていう表現も。わさびを食べたときに、ジェスチャー付きでこんな風に言えば、「鼻にツンときてる!」を伝えることができそうです!

新語「Wasaby」って!?

わさびの辛さを表現しきれなくて、日本好きの外国人の間では、わさびの辛さを「Wasaby」と言うのだとか!一般的ではないものの、この形容詞はなかなかユニークですよね。

ちなみにマスタードや香辛料の辛さについては、やはり「Hot」や「Spicy」と表現されることが多いようです。山椒の「舌にぴりりと刺激」がある辛さなら、「sharp on the tongue」などと表現されています。

ちなみに、「大将!さび抜きで!」はなんて言う?

わさびを入れないで欲しいことをごくシンプルに伝えたいなら、「Wasabi-free, please.」や「Without Wasabi, please.」で通じます。また、嫌いなものを料理に入れて欲しくないときに使う「Hold」で、「Will you hold wasabi?」なんていう伝え方もありますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

まるで初恋の味!ときめく甘酸っぱさの「ピーチメルバ」について

「ピーチメルバ」を知っていますか?桃とバニラアイスとラズベリーが組み合わさった、イギリス生まれの上品なデザートで、思わずうっとりするような歴史もあるんです。今回は、そんなピーチメルバの魅力を紹介します!レシピ…

日本風味のホットドッグ⁉︎ カナダで人気の「JAPADOG(ジャパドッグ)」って?

カナダの路上屋台からスタートしたホットドッグのお店が、今やバンクーバーで知らない人はいないと言われるまでの人気店になりました。日本人の夫婦が始めた「JAPADOG(ジャパドッグ)」は、2012年ニューヨーク進…

ONE PIECEファン必見!「カフェムギワラ」がリニューアルオープン

東京のシンボル、東京タワーの1Fに位置する「カフェ ムギワラ(Cafe Mugiwara)」がリニューアル!世界的人気アニメ「ONE PIECE」の"麦わらの一味"をモチーフにしたコンセプトカフェで新メニュー…

ページTOPに戻る