ローディング中

Loading...

両手鍋や中華鍋、圧力鍋など、鍋と言ってもさまざまな種類があります。一気に炒めたり煮たりできて便利な鍋ですが、厄介なのが焦げ。料理をしている程焦げはつくので勲章だと言う人もいるようですが、今回はそんな焦げの落とし方をまとめてみました。

鍋の焦げを取るのは本当に大変!

カレーやシチューなどの煮込み料理から茹で野菜など、何かと使う鍋。同じ用途の鍋でもいろんな材質があり、代表的なものにステンレス製の多層構造の鍋、最近では見た目のオシャレさが注目されているホーロー鍋、昔ながらの軽くてリーズナブルなアルミ鍋など、さまざまな種類があります。

一度にたくさん調理することもできて便利なお鍋ですが、毎回しっかりと洗っているつもりでも焦げが残ってしまいませんか?特にカレーや煮物を作った際についた焦げを取ろうものならば、スポンジが一度で真っ黒になってしまいます。とはいえ、ステンレスのスポンジでゴシゴシこすっては鍋自体がダメになってしまいますよね。

そこで、今回は鍋の種類別に焦げの落とし方をご紹介したいと思います。

ステンレス鍋の焦げの落とし方

最近では、ほとんどの家庭で主流となっているであろう、ステンレス製の鍋。ステンレス製の鍋の特徴としては、丈夫で長い時間使えるところにあります。また、熱の伝導率がよいため、食材にまんべんなく火を通すことができて、味が染みやすくなるのも魅力です。そんなステンレス鍋についた焦げはどのように落とせばよいのでしょうか。

重曹を使う方法

まず、焦げの部分が隠れるぐらいまでステンレス鍋の中に水を張り、重曹を大さじ1~2杯入れます。焦げの部分がどの辺りにあるのか、鍋の大きさがどの程度かによって重曹の量は異なりますので、水1リットルに対して重曹大さじ1~2を目安に適度に調整してくださいね。

お鍋に重曹を入れたら10分ほど沸騰させて、泡が無くなった時点で火を止めます。お湯が十分に冷めてからスポンジで焦げの部分を軽く擦りましょう。それまでたっぷり洗剤を付けてゴシゴシと擦っていたのはなんだったのかと思うほど、簡単に焦げが落ちますよ。

ステンレスは錆びにくく、ほかの鍋と比べると傷もつきにくいと思われがちですが、実はとてもデリケートな素材です。焦げを取りたいがあまり、金属製のたわしやヘラでごしごしと力任せに擦ったりしないように注意してくださいね。

お酢を使う方法

もうひとつ、ステンレス製の鍋についた焦げの落とし方でおすすめしたいのがお酢を使った方法です。重曹は家にないという方でも、お酢であればたいていの家庭には置いてありますよね。

お酢を鍋の焦げが浸るぐらいまで入れ、焦げたところから小さな泡が出てきたら、そこから1~2分そのままにして冷まします。そのあと、スポンジで焦げた部分を軽くこするとしつこい焦げもあっという間にきれいになりますよ。

このほかにも鍋の外側についた焦げを取る方法としては、小麦粉を塗る、ペットボトルの蓋で擦るなどがあります。
 
小麦粉の場合は固めに溶いたものを焦げた部分に塗って乾燥させ、スポンジで擦ります。ペットボトルの蓋を使用する場合は、でこぼこの面を使ってこするときれいに取れますよ。

アルミ鍋の焦げの落とし方

アルミ鍋の最大の特徴は、軽くて丈夫でさらに比較的安い価格で手に入ることです。毎日の料理作りに愛用できるほか、素朴で使い込めば使い込むほど味が出てくるようなレトロな見た目はなんだか心がほっこりと温かくなります。

熱の伝わりも早いため、調理時間の短縮にもなるほか、多少へこんだり傷ついても「あじ」として感じられるのが魅力の鍋です。

塩素系漂白剤を使う方法

アルミの鍋にこびり付いた焦げを落とすのには、酸素系漂白剤がおすすめです。お鍋に40~50度に温めたお湯を焦げの部分が浸かるぐらいまではり、酸素系漂白剤を入れて2~3時間置いておきます。

そのあとスポンジで軽く擦ると、焦げが驚くぐらい簡単に取れますよ。ステンレス鍋の焦げ取り時におすすめした重曹ですが、アルミ鍋の場合は重曹を使用すると鍋が黒ずんでしまうため、注意してくださいね。

お酢と洗剤を使う方法

アルミ鍋についた焦げを取るもうひとつのおすすめ方法が、台所用洗剤とお酢を混ぜて使うやり方です。

台所用洗剤と酢をそれぞれ少量ずつ入れたお湯を、鍋の焦げた部分が浸るまで入れます。このとき、お湯は沸騰させなくてもよいですが、手を入れた時に熱いと感じるぐらいまで温め、しばらくそのままお湯を鍋に入れておきます。

そのあと、お酢と洗剤入りのお湯を捨てて、空っぽになった鍋を天日干しにします。古い布で焦げた部分を擦ると簡単に取れますよ。手間はかかりますが、蓄積されてしまった焦げをとことん無くしたいというときにおすすめの方法です。

ホーロー鍋の焦げの落とし方

カラーバリエーションが豊富で見た目もオシャレなホーロー鍋。結婚祝いのプレゼントや引き出物としても人気がありますよね。

保温性に優れており、熱が食材に均等に伝わるため、柔らかくなり、温野菜サラダや煮込み料理など、素材そのものの味を生かした料理に向いています。見た目もよいので、おもてなし料理にもおすすめですよ。

重曹を使う方法

普段のお手入れは柔らかい食器用のスポンジと台所用洗剤で全く問題ありませんが、カレーやシチューなどの落ちにくい料理や焦げは重曹を使用することをおすすめします。

まず、焦げの部分が浸かるぐらいまでお鍋にぬるま湯を入れ、水1リットルに対して大さじ1の割合を目安に重曹を入れます。ここまでの手順はステンレス製のお鍋とほぼ同じですね。

お鍋を中火にかけ、沸騰したら火を止めて熱湯が冷めるまで、1時間ほど置いておきます。十分に冷めたらお鍋の水を捨て、柔らかいスポンジでやさしくなでるように洗います。そうすると、それまでこびりついていた頑固な汚れや焦げがするりと取れますよ。

一度では取れない場合は、この手順を何度か繰り返してくださいね。このとき、使用するスポンジはたわしやステンレス製などの固いものだと表面を傷つけてしまうのでご注意ください。

洗った後はサビを防ぐためにも発生しやすい部分なので、しっかりと拭いて十分に乾かしておきましょう。特に、フタのふちはサビが発生しやすいので、布を挟んでおくと予防にもなります。

鉄鍋の焦げの落とし方

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

世界最高級の包丁「ボブ・クレイマーシリーズ」は異次元の切れ味!

職人にとって大切な包丁。ボブ・クレイマーシリーズは、世界最高のナイフビルダーとドイツの総合キッチンメーカーツヴィリングの日本工場が強力タッグのもと生み出された包丁です。研磨テストのレベルが凄すぎなんです。洗練…

一晩氷が溶けない魔法のタンブラー『サーモス真空断熱タンブラー』は猛暑の強い味方!!

「サーモス 真空断熱タンブラー」をご存知でしょうか?過去にテレビ朝日「アメトーーク」でも紹介され、「氷の溶けない魔法のタンブラー」として話題になりました。しかし本当に溶けないのでしょうか?もし本当なら夏に向け…

体温でアイスを溶かす魔法のスプーン? 15.0%アイスクリームスプーンの人気が止まらない!

かちかちに凍ったアイスクリームも簡単にすくえてしまう、そんな夢のようなスプーンを富山県高岡市の鋳物メーカーが開発! 熱伝導率が高いアルミを使い、体温でアイスを溶かすため固いアイスでも魔法のように溶けてしまうの…

簡単に完璧にパイナップルを切り出せるパイナップルスライサーが美しすぎて感動

パイナップルが夏にピッタリのフルーツだということはご存知ですか?パイナップルには、これからの暑い季節に衰えがちな体力や食欲を回復するのに効果的な栄養素がたっぷり含まれているのです。しかし、問題は「皮をむくのが…

【動画】安い包丁でも研げばスパスパ切れる♫『包丁研ぎ』のススメ!

「いい包丁=よく切れる包丁」なのは間違いないと思います。では、安い包丁が切れないわけではなく、研げば十分よく切れるようになる、ということはご存知ですか?安い包丁でも、自分で研いでいい包丁に近い切れ味にすること…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

タルタルソースの「タルタル」って何? 想像の斜め上をいく「料理名の意外すぎる由来」7選

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

《保存版》スタバの人気裏メニューまとめ!あなたはいくつ知ってる?

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

最近人気のちょっと変わった日本酒15選!女性にも飲みやすい新スタイル◎

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

10ドル以下で食べられる♡美味しいNYのお店「21選」

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

一度は行ってみたい東京都内の映画バー4選!カクテルも楽しめるお洒落空間

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

大量消費も簡単!人参きんぴらの作り方【基本&電子レンジ】

栄養豊富な人参を使ったきんぴらのレシピをご紹介します。冷蔵庫に1本だけ余ってしまった人参で簡単に作れますよ。基本の人参のきんぴらの作り方や、シャキシャキに仕上げる切り方のコツなども併せてまとめてみましたので、…

和風だけじゃない!人気鯛レシピ【丸ごと&切り身】27選

お祝いの日に定番の「鯛」ですが、どんな風に料理していますか?姿焼きやお刺身などのレシピのほか、まだまだ鯛のおすすめレシピはたくさんあるんですよ。まるごとから、切り身の活用まで、簡単にできるおいしい鯛レシピをご…

「ん」の意味は…炊いたんとは?炊く・煮るとの違いも解説

京都のお惣菜で耳にする炊いたんとは、どんな料理か具体的にご存じですか?炊くという字が入っていますが、炊くや煮るとの違いはなんでしょう?今回は、炊いたんの語源や意味、特徴、定番レシピまで、まとめてご紹介します。…

ページTOPに戻る