一文字で画数57!「ビャンビャン麺」の漢字が難解すぎて本場中国でも混乱

総画数57!「ビャンビャン麺」の漢字が中国のネット上で「絶対読めない!」「どんなタイミングで使うの!」と注目を集めています。一度食べたらやみつきになること間違いなしの料理を表す漢字なんですよ。謎の多いこの漢字について調べてみました。

中国一画数の多い漢字は?

紙にボールペンで書かれた「ビャン」の文字

Photo by でぐでぐ

中国のネット上で話題になっているこの漢字を知っていますか?うかんむりの中に細かい漢字がたくさん、さらに「しんにょう」までついた複雑な字ですね。ある食べ物を表す漢字なのですが、画数が57画もある、中国一画数が多い漢字なんですよ。

中国のある大学では、授業に遅刻してきた学生にこの漢字を1000回書き取る罰が与えられて、200回でギブアップしてしまったんだとか。一体なんと読むの?本当に使われているの?謎に包まれたこの漢字についてご紹介します。

読みもおもしろかった!

この漢字を実際に使用している現場がこちら!飲食店らしきお店の看板に、57画の漢字がふたつ並び、そのあとに「面」の文字が続いています。いかにも中国!といった雰囲気のおじさんのイラストがキュートです。

この漢字は「ビャン」と読みます。ビャンビャンメン!思わず声に出して読みたくなる面白い漢字ですが、字面からも読みからも、何を表している漢字か想像できませんね。

パソコンで変換できない

この「ビャン」という漢字は、中国の漢字辞典にも載っていないんです!通常のパソコンでも変換できないので、「biangbiang面」と表記します。実はこの漢字、中国のある地域で生まれ、使われるようになった方言字なんです。

書き方を覚えるための詩が生まれた

「ビャン」という漢字は、地元の人々も覚えるのが難しいようで、書き方を覚えるための短い詩がいくつか生まれました。日本語に訳すと「(前略)八の字が大きく口を広げ、言の字が中に入る……」といった内容です。
不思議な漢字で表される「ビャンビャンメン」とは一体どんな食べ物なのでしょうか?気になる全貌をお見せします!

これが「ビャンビャン麺」だ!

たいへんお待たせしました、こちらが「ビャンビャン麺」です!「面」という字は「麺」という意味だったのですね。

ビャンビャン麺は、西安を中心とした陝西省を代表するグルメ です。幅の広い麺はコシがあり、日本のきしめんとよく似た食感。ゆでた麺に唐辛子やねぎ、コリアンダーなどをトッピングし、アツアツのピーナッツ油をかけていただきます。食べ方は油そばに似ていますね。

麺の長さは麺を伸ばす台の長さで決まりますが、長いもので1mにもなるんです!その長さと幅の広さから、ベルトに例えて「麺条賽腰帯」とも呼ばれています。

「ビャン」の文字の意味は?

さて、気になる「ビャン」の字の意味ですが、漢字の起源には諸説あるため確定はしていないんです。平たいことを意味する「扁扁」が訛ったものだという説が有力です。

日本でも食べられる!

おいしいビャンビャン麺、食べてみたくなった方も多いのでは?日本にも、本格的なビャンビャン麺を食べられるお店があるのでご紹介します。

王楽園(わんらくえん)

奈良県奈良市にある中華料理店「王楽園」(わんらくえん)は、西安出身の王さんが作る、本格的な西安料理を楽しめるお店です。店内に飾られた、鮮やかな中国の装飾の多くは、王さんご夫妻の手作りなんだとか!テーブルクロスやいすの座面も奥さんの手作り。ご夫婦の愛情がたっぷり詰まったお店なんですね。

メニューはどれも、本場・西安と同じく、ニンニクを一切使用していません。おいしい中華スイーツもあるので、おやつからしっかりごはんまで、さまざまなシーンで活躍しそうなお店です。

ビャンビャン麺

よく混ぜたビャンビャン麺

1000円

特集

SPECIAL CONTENTS