そんなの食べたいの!?「シュークリーム」は英語でまったく別の意味だった

ケーキ屋さんだけでなく、最近はコンビニでも買えるようになったシュークリーム。じつは、英語圏で「シュークリーム」と言っても、別の意味で通じてしまうんですよ。シュークリームの名に秘められた意味をお伝えします。

2017年11月30日 更新

シュークリームを英語で言うと?

シュークリームが大好きなそこのあなた、外国の方に自己紹介する際、なんと説明しますか?「アイラブシュークリーム」では変人扱いされてしまうかもしれないんです。

シュークリームは英語で「cream puff」

英語圏の国では、「ふっくらしたもの」という意味の単語を使って「クリーム・パフ」(cream puff)と呼ばれています。さらにイギリスでは、「プロフィトロール」と呼ぶんですよ。海外旅行の際、さらっと言えるとかっこいいですね!

「シュークリーム」では靴クリームに!

英語圏の国の人が「シュークリーム」と聞いたら、どのような意味に聞こえるのでしょうか?ネイティブ風の発音で「シュークリーム」と声に出してみてください。「シュー」「クリーム」とふたつの単語に分かれますよね。この単語、なんと「shoe」「cream」に聞こえてしまうんです!

単語の意味をそれぞれ訳すと「靴」と「クリーム」ですよね。目の前の外国人は「靴磨き用のクリームの話をしている……?」と、あなたのことを不審に感じているかも。「シュークリームが大好き」「シュークリームが食べたい」なんて、英語では言いたくないですね。

「シュークリーム」は和製外来語

すでにお気づきかもしれませんが、「シュークリーム」の「シュー」の部分は、英語ではないのです。つまりシュークリームは、ふたつの外来語を組み合わせた和製外来語なんですね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう