そんなもの食べたいの!? 「シュークリーム」は英語で全く別の意味だった

ケーキ屋さんだけでなく、最近はコンビニでも買えるようになったシュークリーム。じつは、英語圏で「シュークリーム」と言っても別の意味で通じてしまうんですよ。シュークリームの名に秘められた意味をお伝えします。

外国人に「シュークリーム」が通じない!?

ふわっふわの生地に、濃厚なクリームがたっぷり入ったシュークリーム。シュー生地のクシュクシュとした食感はたまりませんよね。クッキー生地でできたものやチョコレートがかかったものなど、バリエーションも豊富で人気なスイーツです。

シュークリームが大好きなそこのあなた、外国の方に自己紹介するさい、なんと説明しますか?なんと「アイラブシュークリーム」では変人扱いされてしまうかもしれないんです。今回は「シュークリーム」の名前について掘り下げてみます。

「シュークリーム」では靴クリームに!

英語圏の国の人が「シュークリーム」ときいたら、どのような意味に聞こえるのでしょうか?ネイティブ風の発音で「シュークリーム」と声に出してみてください。「シュー」「クリーム」とふたつの単語に分かれますよね。この単語、なんと「shoe」「cream」に聞こえてしまうんです!

単語の意味をそれぞれ訳すと「靴」と「クリーム」ですよね。目の前の外国人は「靴磨き用のクリームの話をしている……?」と、あなたのことを不審に感じているかも。「シュークリームが大好き」「シュークリームが食べたい」なんて、英語では言いたくないですね。

「シュークリーム」は和製外来語

すでにお気づきかもしれませんが、「シュークリーム」の「シュー」の部分は英語ではないのです。ふたつの外来語を組み合わせた和製外来語なんですね。

「シュー」ってなんだ?

「シュークリーム」の「シュー」部分はフランス語です。洋菓子ですし、なんとなくフランスのイメージはありますよね。「シュークリーム」のあの形に似ている、ある食べ物の名前を意味する単語なのですが、何かわかりますか?

「シュー」の意味は「キャベツ」です。ころんと丸いキャベツとシュークリーム、確かに似ているかもしれません。「シュー」はフランス語で「クリーム」は英語。フランス語と英語が合体した名前だったのですね。

本場・フランスでは何と呼ぶ?

「シュークリーム」が和製外来語だとわかりましたが、スイーツの本場・フランスではなんと呼ばれているのでしょうか?

フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」(chou à la crème)と呼ばれています。当たり前ですが、すべてフランス語なのですね。日本では「クレーム」(crème)の部分をなじみ深い英語に変換して「シュークリーム」と呼ぶようになったのです。

現在のフランスでは、日本で売られているようなシンプルなシュークリームは「昔風のシュークリーム」を意味する「シュー・ア・ランシエンヌ」という名前で呼ばれて、あまり売られていないんだとか。シュー生地を使った「エクレア」などのお菓子に進化して、現在も親しまれています。

ひと口シューにも正式名称が!

スーパーやコンビニなどでは、ひと口でパクッと食べられる「ひと口シュー」も売られていますよね。なんとあの小さなシュークリームにも、正式な名前があるんですよ。

小さなシュークリームは「心づけ」を意味する「プロフィトロール」(profiterole)と呼ばれています。さらに、チョコレートソースがかかったものは「プロフィトロール・オ・ショコラ」です。ちょっとしたお礼にぴったりな小さなスイーツという印象でしょうか。粋なネーミングですね。

英語圏では何と呼ぶ?

英語圏の国では「ふっくらしたもの」という意味の単語を使って「クリーム・パフ」(cream puff)と呼ばれています。さらにイギリスでは、大きいものも小さいものも「プロフィトロール」と呼ぶんですよ。

フランス旅行に行ったときは「シュー・ア・ラ・クレーム」、イギリス旅行では「プロフィトロール」、そのほかの英語圏の国では「クリーム・パフ」と、さらっと言えるとかっこいいですね!

エッチな名前で呼ばれていた歴史も

シュークリームの誕生には諸説ありますが、シュークリームの原型である「ベニエ・スフレ」というイタリアのスイーツが、1553年にフランスへ伝わったとする説が一般的です。当時のイタリアのお姫様がフランスの王様のもとへ嫁入りしたさいに、お抱え菓子職人が伝えたんだとか。

この時点では「乳房」を意味する「ププラン」という名前で呼ばれていました。サイズ的にも形的にも、確かに似ているかもしれませんが……ちょっと恥ずかしくて呼びにくいです。今の名前に落ち着いて本当によかったですね。

シュー生地を使ったお菓子

エクレア

こちらはフランス語で「エクレール・オ・ショコラ」と呼ばれます。「エクレール」とは「稲妻」という意味。乾いたチョコレートの表面に入るヒビが稲妻ににているから、表面のチョコレートがキラリと光るからなど、名前の由来には諸説あります。

特集

SPECIAL CONTENTS