からしとわさびは同じ味!? 辛味の違いは脳の錯覚だった

「わさび」と「からし」は異なる辛味。当たり前だと思っていたその事実が、崩れ去るかもしれません。あなたも脳の錯覚に騙されているかも?今回は、両者の辛味成分を調査した結果辿り着いた、衝撃の真実をご紹介します。

2018年5月30日 更新

その味の違い、脳の錯覚かも?

「わさびとからしは同じ味なのでは……!!」

そう思ったきっかけは、夕飯の納豆にからしではなく"わさび"を入れても、大して味が変わらないと気づいたときからでした。

わさびとからしはそれぞれ違った辛味、と考えるのが当然。刺身やお寿司、ステーキには"わさび"、おでんやトンカツ、シュウマイには"からし"、料理によってどちらかを使い分けるものです。

それが幻想かもしれない、というこれまでの人生の根幹を揺るがす疑惑。真相を調べていくと、人間の錯覚の怖さに驚かされる結果が続々と明らかに……!

今回は、わさびとからしの辛味成分を調査した結果辿り着いた、衝撃の真実をご紹介します。

わさびとからしの辛味は同じ!

そもそも、わさびとからしの原料は同じアブラナ科の植物です。わさびは、根っこと茎の間にある地下茎をすりおろしたもの。からしは、種子を「粉からし」という粉状にして、水かぬるま湯で練ることによって作られているものを指します。

肝心の辛味成分は、どちらもアリルイソチオシアネートという同じ物質。そう、わさびとからしは同様の辛味成分なんです!

わさび特有の香り成分が違いに

唯一の違いは、わさびにはグリーンノートという香料がついているだけ。わさびとからしの微妙な辛さの違いは、この香り成分にあるというワケなんです。しかし、わさびをおろして5分も過ぎると、グリーンノートの香りは徐々に薄れていくといわれています。つまり時間が経てば経つほど、わさびとからしの辛味の判別がつきにくくなるんです。

この程度の違いであれば、たしかに納豆×わさびを食べたときの、あの勘違いは納得できます。

さて、理屈がわかったところで、本当にからしとわさびは同じ辛味なのかを検証すべく、友人複数を集めてある実験を敢行してみました。

実験『「はい、からし」と言って、わさびを食べさせたら』

スプーンにのせたわさびを口元へ運んでいる様子

Photo by あれすーぱ

実験内容は、「からしだよ」と言って、スプーンによそったわさびを食べさせたら、どういう反応をするかというシンプルなもの。

被験者には目隠しをしてもらい、ボクが「からしの味の表現にも悩んでいて、日頃の恩返しだと思って感想くれない?」と情に訴えかけるスタイルで話をつけました。もし味がわかるならば、即座に違和感に気付き、わからなければそのまま味の感想を述べるはずです。

ではさっそく、わさびと知らずにからしを食べた人々の感想をご覧ください。

O野田くん

「口に含むとやってくる、舌をはじめとする口内の粘膜のビリビリとした痺れ。まさに、からし特有のあの刺激です」

UE松さん

「鼻の奥へ突き抜けるようなツンとした香りは、ほかのスパイス・薬味にはないからしだけの特徴といえるでしょう」
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

あれすーぱ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう