冷えない冷蔵庫には注意!食材を守るためにやるべきこと

冷蔵庫は人間の生活に欠かせない電化製品。長く使っているうちに十分に冷やせなくなると、食材が傷んだり、食中毒を招く恐れもあります。しかし、冷えなくなる原因を知り、普段から冷蔵庫を適切に使うことで、冷蔵庫も食材も長持ちさせることができますよ。

2018年12月12日 更新

ライター : tapetum

三度の飯より球場で飲むビールが好き。食べることももちろん好きです。ちなみにタペタムとは、猫や犬の目の光る要因となる物質です。

冷えない冷蔵庫は危険かもしれない

かつてはテレビ、洗濯機と並び「三種の神器」と言われた冷蔵庫。食材や飲み物を冷やしたり、保存したり、今や人間の生活には欠かせない電化製品のひとつですよね。 そんな冷蔵庫ですが、もしも十分に冷えなかったら食材を保存することができなくなってしまいます。特に、暑い季節は食材が傷みやすく、食中毒の恐れだってあります。 家に帰って、缶ビールをプシュッとした時、「なんだかぬるい」と思ったら危険信号かもしれません。冷えない冷蔵庫にはきちんと対策をとりましょう。

なぜ冷蔵庫が冷えなくなるの?原因の例と対策

冷蔵庫内部の問題

冷蔵庫は庫内で冷気が循環することで、食材や飲み物を冷やします。意外とやってしまいがちなあの行為が実は冷蔵庫の温度を下げてしまっているなんてことも……。そこで冷蔵庫の内部に潜む問題について5点ご紹介いたします。

1. 食材の詰め込みすぎ

冷蔵庫に食材を詰めこみすぎると、冷気がうまく循環しなくなり庫内の温度が下がりにくくなります。あまり買い込みすぎや、食材のストックはせず、少し空間が開く程度に食材を詰めるようにしましょう。

2. 冷蔵庫の開け閉めが多い

冷蔵庫の扉を開けることで冷気は一気に外に流れ出てしまいます。そのため、食材を取り出すたびに冷蔵庫を空けたりしていると外気が入り込み一気に庫内の温度が下がります。温度を下げるのにも時間がかかりますので一度に食材を出すようにしましょう。

3. 温かい食品を入れている

調理済みの熱々のシチューやご飯などを保存容器に移してすぐに冷蔵庫に移していませんか?温かい食品を入れると、急激に冷蔵庫内の温度が上がり、急激に冷やそうと稼働したり、温度が上がってほかの食品が悪くなってしまう可能性もあります。冷蔵庫は温かい物を冷やすのは苦手ですのでしっかりと冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。
Photos:3枚
冷蔵庫を見ながら考えている女性
野菜が色々入れられている冷蔵庫の中身
冷蔵庫を開けようとしている女性の手
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS