京都の伝統野菜「壬生菜」のクセになりそうなシャキシャキ感、知ってる?

壬生菜という野菜をご存じですか?京都の伝統野菜で、関西では、古くから親しまれています。β-カロテンを豊富に含み、ミネラルも豊富な壬生菜。今回は、壬生菜の旬や産地とともに、人気の壬生菜を使ったレシピもご紹介します。

2016年9月2日 更新

栄養豊富でおいしい「壬生菜」

関西では昔から親しまれている「壬生菜」。家庭菜園で作られることも多いポピュラーな野菜ですが、ほかの地域ではなじみが薄い食材かもしれませんね。最近は流通が増え、売っている場所も多くなっている壬生菜。その産地や栽培方法から、栄養素、人気のレシピもあわせてご紹介します。

壬生菜とは?

壬生菜の発祥と特徴

壬生菜の名は、京都市内の壬生地区で栽培されていることに由来します。

1800年初頭に書かれた書物にも壬生菜の表記はあり、その頃には水菜と区別されていたようです。壬生菜はアブラナ科のアブラナ属で、水菜と同じ仲間に属する野菜。壬生菜の特徴は、葉にギザギザとした切れ込みがなく、細長いへらのような形をしていることです。

壬生菜と水菜の違い

壬生菜は水菜から自然交配を経て誕生した野菜で、いろいろとよく似ています。ただ、葉の形がやや違います。水菜の葉はギザギザとしていますが、壬生菜にはギザギザがなく、細長い丸い葉です。

味も少し違います。さっぱりとした味の水菜と比べ、壬生菜にはぴりっとくるような辛さと苦みを感じる人が多くいます。大人向けの風味といえるかもしれませんね。色も水菜の方が薄く、黄緑色をしているのに対して、壬生菜は濃い緑色をしています。

壬生菜が持つ栄養素

壬生菜にはさまざまな栄養素が含まれています。豊富なβ-カロテンがそのひとつ。強力な抗酸化力を持っており、体内では必要量に応じて、ビタミンAに変換される優れものです。

ビタミンAは、頭髪や視力、粘膜や皮膚を守ってくれるだけでなく、喉や肺の呼吸器系を守ってくれるともいわれています。

ビタミンCも多く、風邪の予防や、疲労回復、肌荒れにも効果が期待できます。また、カリウムや、カルシウムを多く含むので、骨の健康維持にも欠かせません。カリウムが不足しますと、むくみや高血圧の原因になるともいわれているので積極的に取り入れたいですね。

マグネシウムや、鉄、リンなどのミネラルも豊富です。栄養満点の野菜なので、毎日の食生活に積極的に取り入れていきたいですね。

壬生菜を使った人気レシピ3選

オクラと壬生菜のおひたし

壬生菜とほうれんそう、オクラを和えた、それぞれの食感を楽しめるおひたしです。

壬生菜とんほうれんそうは先に茹でて水に浸し、しっかりと水気をしぼって食べやすい大きさに切っておきます。オクラは塩揉みをしたあと茹でて、小口切りに。

青菜類とオクラをボウルに入れて、めんつゆ、みりんを加え、粘りが出るまで和えましょう。好みの味に調味をしたらできあがり!

青菜は束によって多かったり少なかったりするので、味はみながら味を整えたほうがおいしく仕上がりますよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう