まるでピンクの宝石!「イスパハン」が女性を夢中にしちゃう理由

女性から圧倒的に支持される、エレガントなケーキ「イスパハン」をご存知でしょうか?ピンク色をした美しすぎるスイーツ「イスパハン」が女性を虜にするその理由は一体何なのでしょうか?「イスパハン」の魅力をご紹介します!

オールドローズをイメージした「イスパハン」

洗練されたお菓子の街生まれの「イスパハン」

「イスパハン」はパリで誕生したお菓子のひとつ。濃いピンク色をしたマカロン生地に、ライチ・フランボワーズにバラの風味を加えたクリームをサンドしたものが代表的なスイーツなんです。あのマリー・アントワネットを題材にした映画にも「イスパハン」は登場し、女性を中心に注目を集めています。

お店によってデザインや種類は異なりますが、ピンク色とバラの香りをまとったマカロンは女性好みの香り豊かで美しいお菓子として人気です。マカロン以外にも「イスパハン」はモンブランやクロワッサン、紅茶など様々なアレンジがされています。

「イスパハン」の由来とは?

古くは「世界の半分」とまで言われるほど栄えたイランの土地が、「イスパハン」なんです。またピンク色の多くの花びらをもつオールドローズとして知られるバラの名前も「イスパハン」。そんな「イスパハン」という言葉の持つ豪華さやエレガントさがリンクし、このスイーツの名前に使用されました。

オールドローズ「イスパハン」は別名「王女のポンポン」とも呼ばれ、古くから上流階級の女性達に愛された品のあるお花です。それと同じ名前のついた、甘くゴージャスなバラの香りをまとったお菓子「イスパハン」は、その名の由来にまでも美しい意味が込められています。

女子人気抜群!イスパハン

絵になる美しさが女子をわくわくさせる「イスパハン」

ふわっとしたピンクのマカロンからのぞくベリーの赤色や、トップに飾られたバラの花びらがさらに美しさを盛り上げてくれるデザインのイスパハン。

思わず写真に収めたくなるスイーツに女子たちはテンションが上がります。人気スイーツショップのイスパハンを食べ比べする素敵なスナップです。

「イスパハン」は冷たくなってもかわいい♡

アイスバージョンのイスパハンは、バラの香りのアイスクリームにフランボワーズやライチ、マカロンをコーティングした豪華な冷たいスイーツ。

ほのかなピンク色のアイスに、フランボワーズやソースの赤が美しく、溶ける前に何度も写真を撮りたくなる人気のデザートです。

有名パティシエが作る人気の「イスパハン」

ピエール・エルメ・パリ

21世紀を代表するパティシエ、ピエール・エルメが創業するパティスリーショップ「ピエール・エルメ・パリ」は現在海外に27店舗、日本に12店舗を展開。

有名雑誌ヴォーグからもパティスリー界のピカソと評されるほど、ハイクオリティーでハイセンスな大人のためのスイーツを創り出し続けているパティシエです。日本には1998年東京のホテルニューオータニ内に1号店をオープン。現在も数多くのファンをもつ人気のパティスリーショップです。

ピエールエルメが作る「イスパハン」

細やかなマカロン生地に、発色の良いピンク色が印象的なピエール・エルメのイスパハン。マカロンにサンドされぐるっと一周するフランボワーズと、食べると中心に現れるライチがバラのクリームで絶妙にまとめられた逸品です。

マカロンの上にはバラの花びらとフランボワーズが飾られ、さらに上品さをアップさせます。マカロンがポイントのイスパハンは、生みの親でもあるパティシエピエール・エルメ自身も「一生に一度食べてみてほしい味覚」と発言する代表作。1つ972円で販売され、日本国内の店舗でもかなりの人気を誇る商品です。

メゾン・ラデュレ

マカロン発祥のパティスリーショップとして有名な「ラデュレ」は1862年フランス・パリで創業。カフェとパティスリーを一緒に楽しめるお店”サロン・ド・テ”をパリで最初にオープンさせたパティスリー界の歴史ともいえるお店です。

世界各地に店舗展開をし、日本では2008年銀座にオープン。昔貴婦人たちがくつろいでおしゃべりを楽しんでいた談話サロンをモチーフに内装がデザインされ、時代を超えた空間でスイーツを楽しめるとあって女性に大変人気なお店です。

ラデュレが作る「イスパハン」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう