鬼饅頭のレシピ

近くに「鬼饅頭」を販売しているお店がない!という方は自宅で「鬼饅頭」を作ってみてはいかがでしょうか?用意する材料や作業工程が少ないので、お家で気軽に楽しむことができますよ!それでは、さっそく「鬼饅頭」のレシピを見ていきましょう。
サツマイモを角切りにし、水にさらします。水をしっかりと切ったサツマイモに砂糖を加え、しっかりと混ざるまで手でこねます。混ざったら薄力を加え適当にまとめれば生地の下準備は完成。このとき薄力粉の量を多くすると蒸しパンのようにもっちりとした仕上がりになります。 完成した生地を15分ほどせいろで蒸して黒いりごまを振りかければ「鬼饅頭」の完成!手軽に作れれるので、お子さんのおやつとしてもおすすめです。

ちなみに、大江山にも同名の名物が

「鬼饅頭」は、鬼伝説の地“京都府福知山市の大江山”にも存在しています。今回ご紹介してきた鬼饅頭とは全くの別物で、こちらは「新治製菓舗 (しんじせいかほ) 」というお店が販売している巨大なおまんじゅうです。鬼のキャラクターが刻印されており、その重さはなんと480gにもなるのだとか。ヘビー級の大きさです。友人や家族と一緒に分けて食べるのに丁度いいお菓子という感じがしますよね。 薄皮の生地にぎっしりとこしあんこが詰まった饅頭は、甘さが控えめでおいしいとのこと。ぜひ、大江山の鬼饅頭も食べてみたいものですね。

鬼饅頭を味わってみて

ゴロゴロとしたサツマイモがたっぷりと入った鬼饅頭は、今まで味わったことのないようなもっちりとした食感を楽しめます。甘すぎないので、最後までおいしくいただけますよ。 名古屋に観光に行った際は、ぜひおすすめの店舗へ足を運んでみてください。旅行の予定がない!という方は、ご自宅で鬼饅頭を作ってみてはいかがでしょうか?砂糖の量や小麦粉の量を調節することで、自分好みの味を作ることができますよ。 あなた好みの味の「鬼饅頭」をぜひ見つけてくださいね♩
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ