本物のしぼりたて。 北海道の「想いやり生乳」は究極の味わい

北海道・中札内の想いやりファームで作られる「想いやり生乳」。日本で唯一、殺菌処理をしないしぼりたてミルクの味が楽しめる商品なんです。どうしてそのような製法で作ることができるのか、その味わいや購入方法などについてご紹介します。

牛乳はふつう殺菌が必要な飲み物

私たちの生活に欠かせない食材のひとつともいえる「牛乳」ですが、日本では、大多数の牛乳は「高温殺菌」の製法で作られていることをご存じでしょうか?

もっと詳しくいいますと、120~130度で数秒で殺菌する「超高温殺菌」と、75度で15秒殺菌する「高温殺菌」のふたつに分かれ、あとは62~65度で30分間殺菌する方法を「低温殺菌」と呼びます。当然低温殺菌のほうが手間も時間もかかるわけですが、その分甘みも感じられておいしくなるんですよ。

低温殺菌の牛乳は、スーパーで売られているところもありますので、買ったことがある方もおられるかもしれませんね。高温殺菌の牛乳と比べるとお値段は少し高くなりますが、味にはたしかに違いがあります。その甘さにハマる方もいるようです。

ところが今回ご紹介する「想いやり生乳」は、まったく殺菌処理をせず、本当のしぼりたての味を楽しめるという画期的な牛乳なのです。

ワンランク上の牛乳「想いやり生乳」

「想いやり生乳(せいにゅう)」は、北海道の中札内村にある想いやりファームで作られています。通常殺菌して作られるはずの牛乳を、無殺菌で作るという夢のような商品なんですね。生乳は乳牛からしぼった乳のことを指し、牛乳は生乳を原料として加工したものであり、私たちは同じもののように感じてしまいがちですが、実は別物なのです。想いやりファームは日本で唯一生乳を販売している牧場なんですって。

本当の味がわかる

想いやり生乳はさらっとした飲み口ですが、驚くほどにクリーミーな風味と甘さがあり、特にふたを開けた最初の一杯は濃厚で甘みが強いのです。普通の牛乳のようにベトッとした後味は残らず、生乳をそのまま堪能できる贅沢なひと品です。これが殺菌していない効果、しぼりたてのまま、フレッシュなおいしさが届けられる秘密なんですね。

なぜ殺菌の必要がないのか?

殺菌の必要がないということは、つまり生乳の中に雑菌を発生させないということですが、これがとてつもなく大変な作業なのです。生乳を無菌状態でキープするというのは、至難の業なのだとか。衛生面で細心の注意を払って機械の洗浄など安全管理も徹底的におこなう……。それでもおいしく本来の生乳の味をお客さまに届けたい、そんな願いを込め、想いやりファームのスタッフさんが一丸となって、想いやり生乳は日々作られています。

気になるお味は?

先ほども述べましたが、あっさりした後味で、いわゆる「牛乳臭さ」が全く感じられないのです。のどごしがよく、ゴクゴク飲めるけれど濃厚でクリーミー。牛乳が苦手な人もこの生乳ならば飲めるのでは?といった感想も見受けられました。

想いやり牛乳が飲めるお店

もちろん想いやりファームには直売所がありますし、東京都内では伊勢丹、そのほか自然食品を取り扱うお店では販売されているところもあるようです。公式サイトにて、都道県別で検索して見られるようになっていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

店舗情報

店名:想いやりファーム
住所:北海道河西郡中札内村西戸蔦東二線163-10
電話番号:0155-68-3137
営業時間:[4~11月] 9:00~17:00 [12~3月]10:00~16:00
定休日:夏季(4~11月)は無休、冬季(12~3月)は日曜日、年末年始
参考URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011103/1001795/
公式サイト:http://www.omoiyari.com/index.html

※車やオートバイを使わないと行くことができない場所です。ご注意ください。

通販でも販売中

「想いやり生乳」は通販で購入できますよ。大量生産はできず、牛たちが自然に出してくれる乳の量で対応しているので、お届けまで日数がかかる場合もあるようです。しかし、待つだけの価値はあるすばらしい生乳ですから、お店の公式サイトからぜひ注文してみてくださいね。

商品はAセット・Bセットでわかれており、Aセットは小びん180ml×8本入りで4,320円、Bセットは大びん720ml×3本入りで4,860円となっています。

手間ひまかけて本物の味を

想いやりファームの代表・長谷川竹彦さんは、世界的に生乳が販売されなくなって100年たつと語っています。生乳では現代の安全基準を満たすことがむずかしいのだそうです。それでも消費者に本来の味を安心安全な状態で届けたい、という熱意を持って生乳製造・販売に取り組んでいるんですね。

またおいしい生乳を作るのには母牛の健康状態にも気を配り、「まず牛たちが幸せでなければ」とも語っています。想いやりファームには親子合わせて45頭の牛がいるのですが、長谷川さんには自身が酪農家という感覚はなく、「牛たちと一緒に暮らしている」という気持ちが強いのだそうです。

搾乳の時間も牛の状態に合わせており、人の都合でなく、牛の立場に立つようにしているので、一頭一頭搾乳の時間も違うのです。このような牧場はそうあるものではないでしょう。できるだけ牛にストレスを与えないように、無農薬の牧草地で放牧し、エサは草だけを食べてもらうようにしています。これこそ、究極の酪農の形なのかもしれません。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう