札幌円山「紫陽花珈琲」で、自分好みのパンケーキを食べてみない?

うれしいトッピングシステムで自分好みのパンケーキを楽しめるカフェが、札幌円山にあります。おしゃれな店内で、ちょっと大人な時間を過ごせる「紫陽花珈琲(あじさいコーヒー)」は、平日でも50分待ちになることもあるほど人気なんですよ。

2017年4月14日 更新

オリジナルパンケーキを食べたいときに

ちいさな藍色の花があつまって"紫陽花"になるように、人が集まって、ひとつのお店になるような願いを込めてつけられたという「紫陽花珈琲(あじさいコーヒー)」。

自分好みのパンケーキを作れるということで評判を呼び、毎日多くのお客さんで賑わっています。ただしその人気の秘密は、パンケーキだけではなく、おしゃれで居心地のよい店内にもあるようです。

紫陽花珈琲

ビルをまるまる1棟活用したカフェ

円山バスターミナルから「円山15」のバスに乗り、「円山西町3丁目」を降りて徒歩4分ほどのところにある「紫陽花珈琲」。コンクリート打ちっ放しのシンプルでモダンなビルに、渋めの茶色の看板がマッチしています。

こちらはビル1棟まるごと活用しており、1階から3階までの広々とした空間が自慢です。

落ち着いた雰囲気の店内

1階で注文を済ませ、階段を登ると2階と3階は、カフェスペースになっています。席の間隔が広いので、ゆったりとした時間を過ごせます。照明の色合いにあたたかみがあるのもいいですよね。

2階が17席、3階は18席用意されていて、2階が喫煙、3階が禁煙席というふうに分けられています。フロアで分煙されている点にお店側の細やかな心づかいを感じます。

配慮の行き届いたフロア設定

店内が不思議と落ち着く理由は、内装にもあります。暗めの木製の家具とやわらかい照明。そのほかにも壁に珪藻土(けいそうど)を使用することで、室内の通気や湿度を適切に保っているそうですよ。

行列ができるパンケーキ

お店の一番人気は、「チョイスオーダーパンケーキ(700円〜)」。自家製リコッタチーズを使用し、オーダーを受けてから1枚ずつ丁寧に焼きあげているそうです。お好みのソースとトッピングを選んで、自分だけのオリジナルパンケーキを作れるのが最大の魅力。

平日でもパンケーキを求めるお客さんだけで、40〜50分待ちになるほどだとか。なお、パンケーキの提供は11時から18時までなので、気をつけてくださいね。

ソースもトッピングも選べる!リコッタチーズパンケーキ

プレーンにミックスベリーソース・北海道さんイチゴ・アイスのトッピング

¥1,200(生地¥700+ソース¥100+イチゴ¥200+アイス¥200)

さきほどもご紹介した通り、「紫陽花珈琲」のパンケーキは生地以外のソースやトッピングを、自分でカスタマイズすることができるんです。

基本となる生地はふんわりとした食感で、ホイップクリームが付いてくるので、これだけでも十分おいしいそうですよ。

そこに、ミックスベリー、キャラメル、メイプルなど数種類のソース、イチゴやバナナ、アイスなどのトッピングが選べます。ちなみに、岩塩やシナモンといった無料のトッピングもあるので、要チェックです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう